<アリゾナ州立大学の研究チームは、犬60匹とその飼い主を対象に、犬が飼い主を助けようとするのかを検証した......> 「名犬ラッシー」やアニメ映画「ボルト」など、犬と飼い主との絆を描いた作品は世界中で親しまれているが、犬が「飼い主を助けたい」と思っているのかどうかについては、これまでほとんど解明されていない。 米アリゾナ州立大学(ASU)の研究チームは、犬60匹とその飼い主を対象に、犬が飼い主を助けようとするのかを検証し、2020年4月16日、その研究成果をオープンアクセスジャーナル「プロスワン」で発表した。 多くの犬は、訓練を受けていなくても、苦しんでいる人々を救おうとする 研究チームは、飼い主に大きな箱の中に入ってもらい、飼い主が「助けて」と叫ぶ場合、ご褒美のドッグフードも一緒に箱の中に入っている場合、飼い主が雑誌を朗読している場合の3つのパターンにおいて、飼い主が入っている箱を犬が開けるのか、観察した。なお、いずれの犬も、人を救助する特殊な訓練を受けた経験はない。 Van Bourg Dog Rescue Study 箱の中に入った飼い主は、事前のレクチャーで指示されたとおり、犬の名前は呼ばずに、迫真の演技で「助けて」と犬に呼びかけた。その結果、犬60匹のうち20匹が箱を開けることに成功した。 研究チームでは、犬が箱を開ける動機についてさらに詳しく調べるため、飼い主が入っている箱の中にドッグフードを入れて、犬の反応を観察した。箱を開けてドッグフードを得た犬は19匹で、そのうち16匹は、飼い主が「助けて」と呼びかけたときも箱を開けた。 研究論文の筆頭著者で、アリゾナ州立大学の修士課程に在籍するジョシュア・ファン・ブール氏は、「箱の中にドッグフードが置かれていても3分の2の犬が箱を開けなかったということは、飼い主の救助には、その動機だけでなく、その手段を知っている必要があることを示唆している」と指摘している。 また、研究チームは、箱の中にいる飼い主の声のトーンで、犬の反応に違いがあるのかについても調べた。飼い主が箱の中で穏やかに朗読しているとき、箱を開けたのは60匹中16匹にとどまった。「助けて」と呼びかけたときよりも箱を開けた犬の数が少なかったことから、犬が箱を開けるのは、単に飼い主の近くにいたいから、という動機によるものではないと推測されている。 飼い主から犬へストレスが伝達するのではないか 研究チームでは、一連の実験において、犬がストレスを感じるときの行動もモニタリングした。その結果、飼い主が「助けて」と呼びかけたとき、鼻を鳴らしたり、歩き回ったり、吠えたり、あくびをしたりと、ストレスを感じている行動が最も多く確認された。ファン・ブール氏は、この現象を「感情の伝染」と表現し、飼い主から犬へストレスが伝達するのではないかと考察している。 研究論文の責任著者であるアリゾナ州立大学のクライブ・ウイン教授は、「一連の研究成果で最もすばらしいのは、犬が本当に人に気をかけていることを示した点だ。多くの犬は、訓練を受けていなくても、苦しんでいる人々を救おうとし、助けることができなければ、動揺することがわかった」と述べている。