米ニューヨーク州バッファローで4日、白人警官による黒人男性暴行死の抗議デモに参加していた75歳の男性が警官に突き飛ばされ、負傷する事件が起きた。警官2人が停職処分となった。 地元のラジオ局WBFOの記者が撮影した動画には、白人男性がデモを警戒中の警官に近づいたところ、突き飛ばされて後ろ向きに倒れ、頭から血が流れる様子が映っている。男性の身元は分かっていない。 バッファローのブラウン市長は「動画を見て大きなショックを受けた。ここ数日間デモは平和的に行われ、わたしは警察幹部や市民と会合を重ねてきた。今夜の事件は残念だ」との声明を発表した。 WBFOによると警察は当初、男性がつまづいて転んだと説明していたとう。 ブラウン市長は警察幹部が動画を見て調査を命じ、警官2人を停職処分にしたと説明した。男性は病院に運ばれ、重傷だが容体は安定しているという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 地元のラジオ局WBFOが撮影した事件の一部始終 WBFO / YouTube 【関連記事】 ・トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持 ・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月9日号(6月2日発売)は「検証:日本モデル」特集。新型コロナで日本のやり方は正しかったのか? 感染症の専門家と考えるパンデミック対策。特別寄稿 西浦博・北大教授:「8割おじさん」の数理モデル