ハーバード・グローバル・ヘルス研究所のディレクター、アシシュ・ジャー氏は10日、新型コロナウイルスの感染症による米国の死者は9月のいずれかの時点で20万人に達するとの予想を示した。CNNのインタビューで述べた。 劇的な対策が取られなければ、死者数はさらに増加を続けるとしている。 同氏は「新たな感染者数が増加せず横ばいであったとしても、9月のいずれかの時点で死者が20万人に達するとの予想は合理的だ」と指摘。パンデミック(世界的な大流行)がそれで終わるわけではないとして、今後数週間、数カ月の動向を懸念していると述べた。 米国の新型コロナウイルス感染症による死者は10日時点で11万2754人となり、世界で最も多い。 同氏は、この事実は米国が先進国で唯一、感染率が制御可能な水準に低下する前に経済活動を再開させたことに直接起因している、と批判した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ禍、それでも中国から工場は戻ってこない ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった ・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月16日号(6月9日発売)は「米中新冷戦2020」特集。新型コロナと香港問題で我慢の限界を超え、デカップリングへ向かう米中の危うい未来。PLUS パックンがマジメに超解説「黒人暴行死抗議デモの裏事情」