<甘いひとときとなるはずの初夜が気まずい雰囲気に暗転、夫が新妻に不審を抱き始めた......> インドネシアの世界的観光地バリ島の東にある西ヌサテンガラ州ロンボク島は、国際レベルのビーチリゾートと素朴なインドネシアの田園風景が続く「隠れた観光地」あるいは「喧騒のバリ島を逃れた人を癒す島」として知られている。そのロンボク島西部のスンギギビーチのある西ロンボク県のジェロゴル村で6月2日、1組の夫婦がめでたく結婚式を挙げた。 新郎、新婦側の親戚、知人そして宗教関係者らが参列した結婚式も無事終わり、新婚夫婦は初めての夜を2人だけで迎えることになった。 本来なら新婚夫婦だけの甘い時間が流れるはずの新婚初夜だったが、新郎ムーさん(31)が新婦のMITさん(25、警察はイニシャルしか公表せず)を夫婦の行為に誘ったもののMITさんがこれを固辞。それも恥ずかしさと貞淑さのためと理解したムーさんは何度も繰り返し誘った。しかし新婦は「生理が始まった」と拒否し続けたためたため、最後は重苦しい雰囲気に変わったものの、ムーさんは「生理では仕方ない」と初夜の儀式は延期となったと地元メディアは伝えている。 その翌日、MITさんはムーさんに対して突然「離婚したい」と言い残して家を出て行ってしまったという。 どうも新婦の様子がおかしいと思い始めたムーさんは、MITさんの実家へ向かい近所の人達から事情を聞きはじめ、そこで隣組の長から衝撃的な事実を告げられた。 「MITは男だ、この辺じゃ誰もが知っている」 ネットで知り合い、数回の交際で結婚 ムーさんが結婚した相手はこともあろうに同じ男性で、形の上では同性婚となったのだった。だがインドネシアにおいて同性婚は法律上許されない婚姻だ。 ムーさんの訴えを受けて捜査に乗り出した地元西ロンボク警察からの情報や地元メディア「トリビューン・ニュース」「ロンボク・ポスト」などの報道を総合すると、ムーさんとMITさんはフェイスブックを通じて5月初旬ごろに知り合い、その後個人的な連絡を頻繁にとる仲になり、お互いに好意を寄せるようになった。 そして西ヌサテンガラ州の州都でもあるロンボク島の都会マタラムのウダヤナ通りでデートすることになり、カフェで初めて直接会ったという。 「事件」を伝える現地メディア ===== デートしても同性だと気付かなかったのは? この時ムーさんはMITさんがイスラム教徒の女性が着用する頭部から口元までを覆う伝統的な衣装をつけていたため、女性であることに全く疑問を抱かなかったと警察の事情聴取に供述している。 離婚歴があるムーさんは結婚願望が強く、約1カ月の間にMITさんにプロポーズして結婚に漕ぎつけた。交際中に何度かムーさんはMITさんを彼の自宅に誘い、そこで大人の関係になる機会があったというが、MITさんは「生理中」として断ったことや、イスラム教徒女性のたしなみとして「結婚するまで待って」という言葉を口にしたため「慎み深い女性だ」と信じて「きれいな体のまま」で式の当日を迎えたという。 詐欺と名誉棄損で告発 結婚した新妻がよりによって男性だと知ったムーさんはショックと恥ずかしさに打ちのめされたものの、気を取り直してまず、離婚の手続きを開始し、同時に地元警察にMITさんを「詐欺」と「名誉棄損」の容疑で告発した。 ムーさんは「生物学上の性を隠しての結婚は"詐欺罪"に相当し、ムーさんの家族や共住地域のコミュニティーに恥をかかせ"名誉を棄損"した」と主張している。 訴えを受けて捜査に乗り出した警察に対しMITさんの方は「結婚前にムーさんは何度か親密な関係になろうとし、その際私の体を隅から隅まで手でなでたり触ったりして、私の体が彼の体と同じであることは理解していたはずだ」と供述しているという。 イスタグラムにアップされた2人の結婚式当日の写真では白い婚礼衣装で着飾ったMITさんがムーさんの横に並んでいるが、目以外の顔が見えない状況となっている。 同様のケースが過去にも、原因は宗教か 今回と同様のケースは2019年9月にスラウェシ島のセミダンアジ郡にある地区で少女TEさん(15)が男性NIさん(25)と結婚しようとしたが、直前にNIさんが男装している女性であることが判明して、結婚式がドタキャンされる事案があったという。 ===== この2人もフェイスブックで知り合い、ネット上での交際を経て結婚することになり、NIさんがTEさんの自宅を初めて訪れた際にNIさんが外見は男性ながら声がどうも女性の様だとの疑惑が生じた。 このためTEさんの家族がNIさんの助産婦を探し出して追及したところNIさんの生物学上の性が女性と判明、危うく同性婚、それも女性同士の"許されざる婚姻"になる寸前だった。 この時はTEさんの家族親族からの報復を恐れた警察がNIさんを一時保護したが、双方の家族が話し合いの結果、平穏に和解したと地元マスコミは伝えている。 人前で肌を見せないイスラム教徒の女性 インドネシアでは人口の88%がイスラム教徒で社会生活の隅々までイスラム教の教え、倫理が浸透している。このため婚前交渉は原則として禁じられ、敬虔なイスラム教徒女性は人前では顔や手首以外の肌を露出することを回避、人によっては口の部分も覆って外部からは目しか見えない装束を着用する場合もある。 こうしたことから結婚初夜まで相手の性別が分からないという日本などでは考えられないケースが起きるといわれるが、極めて珍しいことには変わりなく、だからこそニュースとして伝えられたのだった。 イスラム教では性的少数者であるLGBTは禁忌であるため、インドネシア社会では過酷な差別にさらされ、しばしば人権問題として国際社会や人権団体から指弾されるのが現状である。 今回のロンボク島の男性同士の結婚や南スラウェシ州の女性同士の「結婚未遂」は生物学上の性を隠したことがそれぞれの問題の原因といえ、ある意味ではこの国におけるLGBTに関連する問題ともいえる。しかし幸いなことに両事案とも別の性を装った2人に対して誹謗中傷や暴力行為などはなかったと伝えられている。 [執筆者] 大塚智彦(ジャーナリスト) PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など 【話題の記事】 ・コロナ禍、それでも中国から工場は戻ってこない ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった ・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月16日号(6月9日発売)は「米中新冷戦2020」特集。新型コロナと香港問題で我慢の限界を超え、デカップリングへ向かう米中の危うい未来。PLUS パックンがマジメに超解説「黒人暴行死抗議デモの裏事情」