北朝鮮で韓国への怒りが燃え上がっている。 脱北者団体による金正恩(キム・ジョンウン)批判のビラ散布への対抗措置として、正恩の妹で党第1副部長の与正(ヨジョン)が6月8日に南北間の通信連絡線遮断を指示。 南西部・黄海南道では婦人団体が韓国を非難する大集会を開いた。 史上初の米朝会談から2年。進展のない状況を打開せよ、という北朝鮮流のサインか? <2020年6月23日号掲載> 【参考記事】「韓国のビラ見た国民を処刑」金与正の「対敵活動」が始動か ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月23日号(6月16日発売)は「コロナ時代の個人情報」特集。各国で採用が進む「スマホで接触追跡・感染監視」システムの是非。第2波を防ぐため、プライバシーは諦めるべきなのか。コロナ危機はまだ終わっていない。 ===== かつて文在寅・韓国大統領とも会談をした金与正の激しい反応の後、警戒を強める韓国政府 Al Jazeera English-YouTube