<新型コロナウイルス感染症を終息させるため効果的なワクチンが開発されるまでの一時的な手段として注目されているのが、BCGワクチンやポリオワクチンなど、他の感染症予防で長年用いられてきたワクチンの効果だ ......> 世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症を終息させるためには、ワクチンの開発が不可欠だ。米製薬大手ファイザーが新型コロナウイルス感染症予防ワクチン「BNT162」の第1/2相試験にドイツと米国で着手したほか、2020年6月9日時点で9種類のワクチン候補について臨床評価が開始され、126種類で非臨床評価がすすめられている。 免疫応答を活性化させる働きがあるのでは 効果的なワクチンが開発されるまでの一時的な手段として注目されているのが、BCGワクチンやポリオワクチンなど、他の感染症予防で長年用いられてきたワクチンだ。 ワクチンは、特定の病原体の構造を免疫系に記憶させ、病原体が体内に侵入した際、その記憶によってこれを排除するために接種されるものだが、年月を経て、他の病原体にも対抗する「オフターゲット効果」をもたらし、他の感染症を寄せ付けないよう免疫応答を活性化させる働きがあるのではないかと考えられている。 つまり、これらのワクチン接種によって新型コロナウイルスへの免疫を獲得するわけではないが、重症化リスクを軽減したり、新型コロナウイルスを克服するための自然免疫を備えられるかもしれないというわけだ。 BCGワクチンは世界各国で検証中 独マックス・プランク研究所では、3月21日、遺伝子組み換えBCGワクチン「VPM1002」の第3相試験で「VPM1002が新型コロナウイルスに対抗する免疫系を強化するのか」についての検証に着手した。 (参考記事:ドイツで、BCGワクチンの新型コロナウイルスへの効果を検証する臨床試験はじまる) 豪小児医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート(MCRI)」でも、医療従事者を対象に、新型コロナウイルス感染症に対するBCGワクチンの効果を検証する臨床試験を実施。オランダでは、ラドバウド大学医療センターとユトレヒト大学病院の共同研究チームが、60歳以上の1600名を対象に、BCGワクチンが新型コロナウイルス感染症の感染リスクや重症化リスクを軽減するのか、検証をすすめている。 ===== 米国でも、テキサスA&M大学のジェフリー・シリーロ教授が、4月29日、医療従事者数百名を対象に、同様の目的で第4相試験(製造販売後臨床試験)に着手した。評価の結果は6ヶ月以内に明らかになるという。シリーロ教授は、「BCGワクチンは、免疫系を強化する作用、すなわち『訓練免疫』をもたらす。新型コロナウイルス感染症予防ワクチンが開発されるまでの間、これが大きな違いをもたらす可能性がある」と期待を寄せている。 BCGワクチンの接種と新型コロナウイルスの感染拡大との負の相関関係については、たびたび取り沙汰されてきた。世界保健機関(WHO)は、4月20日、「BCGワクチンが新型コロナウイルスの感染を予防することを示す証拠はない」との見解を明らかにしている。 1955年から1982年まですべての新生児にBCGワクチンの接種を義務づけたものの、それ以降は結核の有病率が高い地域からの移民のみに接種対象を限定しているイスラエルでは「定期接種を受けた世代とそうでない世代で、新型コロナウイルス感染症の発症率に差は認められなかった」との研究結果が示されている。 アメリカでは経口生ポリオワクチンの効果を検証する計画 BCGワクチン以外の感染症予防ワクチンでも、新型コロナウイルスへの効果を検証する動きがみられる。アメリカ食品医薬品局(FDA)傘下の生物学的製剤評価研究センター(CBER)らの研究チームは、6月12日、学術雑誌「サイエンス」で「弱毒生ワクチン、とりわけ経口生ポリオワクチンによって自然免疫を刺激すれば、新型コロナウイルス感染症を一時的に予防できるのではないか」との仮説を示し、今後、1万1000名を対象に臨床試験を実施する計画を明らかにしている。 これらの取り組みに対して懸念の声もあがっている。米カリフォルニア大学アーバイン校のマイケル・ブッフマイヤー教授は、米紙ワシントン・ポストの記事で、「これらのワクチンが、意図とは真逆の効果をもたらすかもしれない。免疫反応が過剰になり、最悪の場合、致命的な状態を引き起こしかねない『サイトカイン・ストーム』を招くおそれがある」と警告している。 ===== Can a genetically modified BCG vaccine protect us from coronavirus? | COVID-19 Special