厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの抗体保有調査を実施した結果、東京都の抗体保有率が0.10%だったと公表した。調査は東京都、大阪府、宮城県を対象に6月第1週に実施。大阪府の抗体保有率は0.17%、宮城県は0.03%だった。調査対象者は東京都が1971人、大阪府が2970人、宮城県が3009人。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月9日号(6月2日発売)は「検証:日本モデル」特集。新型コロナで日本のやり方は正しかったのか? 感染症の専門家と考えるパンデミック対策。特別寄稿 西浦博・北大教授:「8割おじさん」の数理モデル