<FBIと連邦機関が調査に乗り出した矢先、4人目の遺体が発見された> 人種差別に抗議するデモが広がるアメリカで、黒人男性の遺体が木から吊り下げられた状態で発見される事件が相次いでいる。5月31日以降、少なくとも4人の遺体が発見され、捜査当局はいずれも自殺との見方を示したが、拙速な判断に怒りの声が上がっている。 6月16日、テキサス州ヒューストンの北に位置するスプリングで、10代と見られる身元不明の黒人男性の遺体が小学校の駐車場で吊り下げられた状態で発見されたと、同州ハリス郡保安官事務所が発表した。同様の遺体が発見されたのは5月末以降、これで4件目だ。 折しもアメリカでは、コロナ禍のさなかにもかかわらず、5月25日にミネソタ州ミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイドが白人警官に首を押さえ付けられて死亡した事件をきっかけに、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事)」運動が大きなうねりとなって広がっている。 この国にはかつて南部を中心に、黒人を木に吊るして集団リンチで殺す凄惨なテロがはびこった歴史がある。最近起きた4件の事件も、抗議デモの広がりにいらだつ過激な人種差別主義者の嫌がらせではないかとの見方もある。 そうした見方を打ち消すかのように、4件とも捜査当局は早々に自殺との判断を示した。 「監視カメラの映像や目撃者の証言などから、今の段階では、男性は首吊り自殺をしたと見られる」と、ハリス郡保安官事務所は16日に発見された遺体についてツイッターで発表した。「事件性を疑わせるような形跡は今のところ全く見つかっていない」 「自殺」の発表に市民は納得せず 保安官事務所のエド・ゴンザレスは、本誌の問い合わせに対し、この件に関してはそれ以上提供できる情報はないと述べた。 同じ日にはまた、先に遺体で発見された27歳の黒人男性ドミニク・アレクサンダーの死を自殺と判定した検視結果も発表された。地元メディアによると、アレクサンダーは6月9日、ニューヨーク市マンハッタン北部のフォート・トライオン公園内で木に吊り下げられた状態で亡くなっていた。通行人が発見し、警察に通報した。 本誌が監察医事務所に確認したところ、アレクサンダーの死は自殺と判定されたと、アジャ・ワーシーデービス報道官が答えた。だが地元メディアによると、多くの市民はこの判定に納得しておらず、この週末にフォート・トライオン公園で徹底的な捜査を求めるデモが行われる予定だ。 本誌の取材に対し、ニューヨーク市警の報道官は、監察医事務所の判定にかかわらず、アレクサンダーの死については引き続き捜査を行うと語った。 これに先立ち、カリフォルニア州でも同様の事件が2件報告されている。 6月10日早朝、ロサンゼルス郡パームデールの市庁舎近くの公園で、24歳の黒人男性ロバート・フラーの遺体が見つかった。この件についても、ロサンゼルス郡保安官事務所は即座に自殺との見方を示したと、メディアが伝えている。 <参考記事>自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ <参考記事>黒人男性の遺体が吊るされて発見された事件でFBIが再調査、一方で3人目の遺体も発見 ===== 地元メディアによると、ロサンゼルス郡監察医事務所は当初、2度の検視でフラーの死を自殺と判定したが、その後に撤回。捜査が続行されることになったため、死因の判定も延期されたという。 当初の判定については、フラーの遺族が自殺は考えられないとして、検視のやり直しと徹底した捜査を求めていた。郡の捜査当局の拙速な判断は市民の怒りも買い、パームデールでも抗議デモが広がった。 これに押される形で、ロサンゼルス郡のアレックス・ビジャヌエバ保安官は記者会見を開き、他殺の可能性も視野に入れて、フラーの死を捜査すると発表。カリフォルニア州司法長官事務所とFBIの公民権部門が捜査を監視すると付け加えた。 ロサンゼルス郡の主任監察医ジョナサン・ルーカスは、保安官の説明を補う形で、「慎重を期すために当初の結論を撤回して、より深く捜査を行うべきだと判断し、死因の判定を延期した」が、現場には事件性を示す証拠は一切なかった、と改めて強調した。 フラーの遺族の弁護士ジェーモン・ヒックスはABCニュースに声明を寄せ、保安官事務所が「すぐさま」自殺と断定したことに、遺族と地域の人々は「激しい怒り」を感じていると述べた。 「アフリカ系アメリカ人にとって、木から吊り下げられるということはリンチを意味する。なぜこの事件が傲慢にも自殺と片付けられ、謀殺として捜査されないのか。私たちが求めているのは完全な情報開示だ」 「あなたの恋人が木に」 カリフォルニア州ではフラーの遺体が発見される10日前にも、パームデールから80キロ程離れたサンバーナディーノ郡ビクタービルで、38歳の黒人男性マルコム・ハーシュの遺体が木に吊り下げられた状態で見つかった。 ハーシュの恋人が5月31日に「あなたの恋人が木に吊るされている」と友人に知らされ、警察に通報した。 「検視官も含め、捜査官が現場に急行したが、事件性を示す証拠は見つからなかった」と、サンバーナディーノ郡保安官事務所は発表している。 保安官事務所によると、検視解剖も行われたが、法医病理学者が毒物検査の結果を待って、死因や死に至る経緯について見解を出すという。 ハーシュの遺族も、ハーシュの死が自殺と片付けられるのを懸念し、捜査当局に詳しい説明を求めている。 「自殺の可能性はどう考えてもあり得ない。私たちは都合のよい弁明ではなく、公正な裁きを求めている」と、遺族は声明を出した。ハーシュの妹ハーモニー・ハーシュはニューヨーク・タイムズに兄の死について独自に調査をするつもりだと語った。 FBIは6月15日、フラーとハーシュの両方の事件について、連邦当局が保安官事務所の捜査を精査すると発表した。 「FBIに加え、連邦検事事務所と司法省の担当部署が、パームデールとビクタービルで起きた2人のアフリカ系アメリカ人男性の縊死に関する捜査について、連邦法違反が認められるかどうか詳しい調査を進めている」 【話題の記事】 ・「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったので、一般の方はご注意下さい ・男性190人をレイプした男、英で終身刑に その恐るべき二面性 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月23日号(6月16日発売)は「コロナ時代の個人情報」特集。各国で採用が進む「スマホで接触追跡・感染監視」システムの是非。第2波を防ぐため、プライバシーは諦めるべきなのか。コロナ危機はまだ終わっていない。