新型コロナウイルス感染拡大のホットスポットになっていたニューヨーク市は22日、経済活動再開の第2段階に移行し、レストランやバーが屋外でのサービスを開始したほか、美容院などが3月中旬以来初めて営業を再開した。 ニュージャージー州でも美容院やネイルサロンなどが営業を再開。ゴルフやテニスなどのスポーツも再開が許可された。 ニューヨーク州とニュージャージー州では新型ウイルス検査の陽性率が1─2%と、これまでで最低水準となっている。一方、南部と南西部では一部の州で陽性率が10%を超えるなど、感染拡大はなお収束していない。 世界保健機関(WHO)は、5%以上の陽性率は特に懸念すべき水準だとしている。ジョンズ・ホプキンスのデータによると、ここ1週間、多くの州では陽性率がその水準を上回り、上昇し続けている。 同大学によると、アリゾナ州では陽性率が20%、フロリダ州とユタ州では11%、テキサス州で10%となっている。テキサス州では、1日当たりの感染者が約5000人と、過去最高を記録した。これらの州では入院率も上昇している。 先週はアリゾナ州、カリフォルニア州、フロリダ州、テキサス州で新規感染件数が過去最悪の水準を記録。アラバマ州、ジョージア州、ネバダ州、オクラホマ州、オレゴン州、サウスカロライナ州、ユタ州、ワイオミング州でも新規感染件数は急増している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究報告 リスクの高い血液型は? ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・東京都、新型コロナウイルス新規感染29人を確認 5日ぶり30人下回る ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?