<ニューヨークで、多くのコロナ感染者を受け入れている病院をモデルとした、ドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』で、アメリカの医療現場のリアルを垣間見る ......> あらゆる人を受け入れる「命の最後の砦」 新型コロナウイルス感染症の拡大で、世界各地の医療は逼迫した。しかし捨て身で治療を続ける医療従事者への感謝として、イタリアやスペインでは拍手が沸き上がり、米国ではレディ・ガガさんなどが医療従事者を称えるオンライン・コンサートを行い、東京ではブルーインパルスが都心の空を飛ぶなど、コロナと闘う医療従事者を称賛する動きが世界に広がっている。ただ、医療従事者が実際にどんな環境で働いているのか、私たちには想像することしかできない。 しかしそれを垣間見ることができるのが、ドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』だ。この作品の舞台となる「ニュー・アムステルダム病院」は、実在する米国最古の公立病院「ベルビュー・ホスピタル」をモデルにしている。米国のコロナウイルス震源地と呼ばれているニューヨークで、多くのコロナ感染者を受け入れている病院だ。 ベルビュー・ホスピタルはこれまでにも、2001年に発生した米同時多発テロ事件の被害者や、エボラ出血熱患者の治療にもあたってきた。健康保険の加入状況や支払い能力の有無にかかわらず、すべての人を受け入れる「セーフティネット病院」と呼ばれ、あらゆる患者の"命の最後の砦"となっている。 さまざまな人生を背負った人たちによる現代アメリカの縮図 ドラマは、かつてこの病院で医療ディレクターとして働いた実在の人物エリック・マンハイマーが書いた回顧録『Twelve Patients: Life and Death at Bellevue Hospital』(12人の患者:ベルビュー・ホスピタルでの生と死)をベースにしている。つまり、実話をもとにしたドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』で描かれるのは、「移民」「人種問題」「宗教」「薬物乱用」「医療制度の問題」「貧困」「老い」など、今の米国の社会が直面する現実的な問題だ。 ドラマでは、ニューヨークという場所柄、人種、経済的ステータス、職業など、米国の縮図といえるありとあらゆる患者が訪れる。不法滞在中で適正な書類を持たない者、テロリストの疑いをかけられている人物、性転換手術を希望するSNSのインフルエンサーなど、さまざまな人生を背負った人たちだ。ベルビュー・ホスピタル同様、病院内には、受刑者を治療する刑務病棟もある。 なかでも、ドラマで頻繁に触れられるのが、米国の医療制度の問題だ。米国は国民皆保険を導入しておらず、中間層以上は民間の医療保険に入っている。しかし保険料を負担できない貧困層では加入していない人が多く、医療にかかった場合は全額負担を余儀なくされる。ドラマには、「保険に入っていない」と言って、治療を受けたがらない人が幾度となく登場する。 ===== 無保険者の数は2500万人以上 ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、米国は現在、新型コロナウイルスへの感染が確認された感染者数が、世界の中でも群を抜いて多い。この原因として、同国の医療制度の問題を挙げる声もある。 バラク・オバマ前大統領は、医療保険制度改革を押し進めていた。米ニューヨーク・タイムズ紙によると、医療保険制度改革法(通称オバマケア)が可決された当時(2010年)は、18〜64歳の米国人のうち、無保険という人の割合は22.3%だった。2016年にはこれが12.4%にまで下がった。 オバマケアが成立してから今年で10年だが、それでもまだ、さまざまな理由から、米国では国民皆保険が実現されていない。しかも、一度は減ったはずの「無保険者」の数は、ここ数年で再び増えているという。 米国勢調査局の調べによると、「1年間のどの時点でも保険に入っていなかった」という人の割合は、2017年には7.9%(2560万人)にまで減ったが、2018年には8.5%(2750万人)に増加した。この背景には、2017年に就任したトランプ大統領が、税制改革の一貫として、オバマケアへの個人の加入義務を撤廃したことなどがある。 英ガーディアン紙は、コロナで失業者が激増していることから、無保険者の数はさらに増えることが予測されると指摘している。 「重病よりも払えない医療費の方が不安」という現実 米国が抱える医療制度の問題は、米国人の病気との向き合い方にも大きな影響を及ぼしている。ギャラップが2019年12月に発表した調査によると、2006年以降毎年平均で30%の米国人が、経済的な理由で治療を先延ばしにしているという。 シカゴ大学と医療研究所のウェスト・ヘルス・インスティチュートが2018年に行った調査では、重病になるのが心配だと回答した人の割合(33%)よりも、重病になったら医療費が払えないので心配だと答えた人の割合(40%)の方が高かった。『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』でも、米国人の医療制度に対するこうした不安がリアルに描かれている。 前述のガーディアンはまた、患者よりも利益を優先させる制度が米国のコロナ禍を悪化させたと指摘している。ドラマでは、マンハイマーをモデルにした主人公である医療ディレクターのマックス・グッドウィンが、こうした利益主義に反発し、患者ファーストを貫こうと奮闘する姿も見どころになっている。米国人の理想の医療従事者を体現しているのが、ドラマの中のグッドウィンなのだろう。 『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』トレーラー なお、『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』は、米国で2018年に放送開始。現在はシーズン2が放送されているが、早くもシーズン5までの制作が決定している。原作者のエリック・マンハイマーがプロデューサーとしても名を連ねる他、シアトルの病院を舞台にしたドラマ『グレイズ・アナトミー』のエグゼクティブ・プロデューサー、ピーター・ホートンが本作品でもエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。 ●命を削って患者を守る、限界突破のメディカル・ドラマ! 『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』 ・セル 「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」 DVD-BOX 2020年7月8日(水) 発売 ¥9,500(税抜) ・レンタル 「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」DVD VOL.1~6 6月24日(水) レンタル開始 VOL.7~11 7月8日(水) レンタル開始 ・公式サイト newamsterdam-tv.jp ・発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント (c) 2019 Universal Studios. All Rights Reserved.