<デモ隊が「自治区」を宣言したシアトルでは、自治区内で2度も銃撃事件が発生し、市長は警官隊を突入させることも辞さない構えを見せている> アフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイドを白人の警察官が死亡させた事件以来、全米に人種差別への抗議活動が広がっているが、その一環として、ワシントン州シアトルでは、デモ隊が警察署の周辺を封鎖、警察官の立ち入れない「自治区」の設立を宣言した。 シアトルのジェニー・ダーカン市長は、この周辺で2度にわたる銃撃事件が起きたことから、自治区の解体を宣言。一方、デモ参加者は自治区を警察から守る準備を進めている。 デモ隊がシアトル市東部を管轄する警察署周辺の数ブロックを占拠したのは、6月8日のことだった。その日、警察は平和的に行われていた人種差別に抗議するデモの参加者に、催涙ガスや唐辛子スプレー、閃光弾を発射していた。 デモ隊は警察署の周囲をバリケードでふさぎ、警察官を締め出した。そして、その一角を「キャピトルヒル自治区(CHAZ)」と宣言した。 ダーカン市長は22日の記者会見で、市はデモ隊による地区の占拠を終わらせるために、地域住民との交渉を開始していると語った。 また「自治区」にまもなく警官が戻ると言い、デモ隊が自発的に去らないのであれば、「追加の措置」が講じられる、と述べた。 警察には徹底抗戦の構え だがこの発表のすぐあとに、ソーシャルメディアに投稿された動画や画像を見ると、デモ隊は自発的に自治区を明け渡すつもりはなさそうだ。 あるツイッター・ユーザーが投稿した写真には、警察署の東館の周囲に設置されたバリケードが写っていた。「警官が来ても備えは万全」とユーザーは書いている。 警察署の外壁には、「要求が聞き入れられるまで、われわれは立ち去らない」と、書かれた紙が貼られている。バナーで示された要求は3つ――シアトル警察の予算を50%削減すること、黒人コミュニティに資金を提供すること、逮捕されたデモ参加者を全員解放すること、だ。 22日夕方にジャーナリストのジェイク・ゴールドスタインストリートが投稿した数本の動画には、警察官がデモ隊の排除にやってきたときのための備えするデモ隊の様子が映っていた。 東側の建物から警察が入ってくるのを阻止するために、フェンスとバリケードを移動するデモ参加者たちの姿もあった。 警察署の周囲で人間の鎖を作る練習しているデモ参加者の動画もある。 別のユーザーが投稿した動画では、デモ参加者がシアトルの運輸局が自治区の周囲に置いたコンクリートのバリケードを動かしていた。 <参考記事>自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ <参考記事>米シアトルで抗議デモ隊が「自治区」設立を宣言──軍の治安出動はあるか ===== ダーカンは、警察が入れない自治区で銃撃事件が発生しているのは、デモ参加者が求める変化を足元から損なうものであることを訴えた。 自治区ではこれまで2度の発砲事件が起き、死傷者が出ている。20日早朝、19歳のロレンツォ・アンダーソンが銃撃で死亡、もう一人の男性も重傷を負った。2人とも自家用車で病院に運ばれた。警官は「暴力的な群衆」に阻まれて、犠牲者の元に駆けつけることができなかったという。 2度目は21日の夜だ。シアトル警察によれば、17歳の少年が腕に銃弾による傷を負った。だが少年は捜査官の質問に答えることを拒否した。 平和的な抗議行動は続いてもいいが、夜間の暴力は終わらせなければならない、とダーカンは言った。 自治区のリーダーたちも、週末に起きた発砲事件の後、みずから「夜を徹して集会を開くべきではないと判断した」と、ダーカンは指摘した。 ダーカンによれば、自治区の解体は警察ではなく地域社会のリーダーたちが主導するものになるという。 また黒人コミュニティへの投資、警察活動を「考え直し、視点を変える」こと、州全体の警察組合の改革など、デモ参加者の要求の一部に対処すると約束した。 (翻訳:栗原紀子) 【話題の記事】 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?