東京都は25日、都内で新たに54人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 これで都内で確認された陽性者の合計は5997人、今月1日からの合計感染者数は769人となった。 東京都は、今月1日から新型コロナ対策の規制緩和のステップ2へと移行したが、翌2日には34人の感染確認により都民に警戒を呼びかける「東京アラート」を発動。その後、感染者が10〜20人台で推移し、11日には「東京アラート」を解除し、規制緩和のステップ3に移行。19日からは一部の大規模なイベントを除きすべての業種に対して規制を全面解除し、プロ野球が無観客試合で開幕するなど、新型コロナへの感染予防を日々の暮らしに取り入れた「新しい日常」が動き出している。 しかし、規制緩和とともに新規感染者の数は徐々に増加。6月の1日あたりの平均では29.57人と、規制緩和の条件とされた1日20人という指標を上回る状態が続き、感染第2波が懸念される状態になっている。 感染状況をチェックするモニタリング指数は、過去1週間の新規陽性者数の平均が41.6人(前日38.9人)、新規陽性者に占める感染経路不明者の割合44が%(前日43.4%)、週単位での陽性者の増加比が1.22(前日1.19)となっている。 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染55人を確認 小池知事「職場で集団感染が発生」 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・サザンオールスターズ横浜アリーナ無観客ライブ配信は「ウィズコロナ」の音楽ビジネスを切り開くか? ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?