米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は25日、妊娠中に新型コロナウイルスに感染した場合、妊娠していない女性に比べ重症化するリスクが高いと注意を促した。 レッドフィールド所長によると、妊婦は集中治療室(ICU)で治療を受け、人口呼吸器を必要とする可能性が高い。しかし、妊婦の死亡リスクは高くないほか、コロナ感染による妊娠への影響は現時点では明らかになっていないという。 同所長はまた、米南部や西部で感染が再拡大していることについて、新規感染者の多くが若年層であると指摘。同層に対する検査拡大が一因である可能性があるとしつつも、CDCはソーシャルメディアなどを通じ、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)の維持やマスク着用を確実にし、大規模な集会を避けるよう呼び掛ける可能性があるとした。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナに感染して免疫ができたら再度感染することはない? ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・東京都、新型コロナウイルス新規感染48人を確認 今月5度目の40人超え ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?