中國のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)は29日、人民解放軍の軍事科學院と共同開発している新型コロナウイルスのワクチンを同軍に限定して使用する承認を得たと発表した。治験で安全性と一定の効果が確認されたという。 このワクチンは、中國の企業や研究機関が開発中でヒトへの治験が承認されている8種類の候補の1つ。 カンシノが當局に提出した文書によると、中國の中央軍事委員會は25日、人民解放軍による同ワクチン使用を1年間認めることを決定した。 カンシノによると、このワクチンは第1相、第2相の治験で新型コロナ感染症を予防する可能性が示されたが、実用化のめどは立っていないという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染60人を確認 6月の感染者合計886人に ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証 ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?