経済活動の再開が本格化するなか、新型コロナウイルスの感染者数が再び増加しているアメリカ。3~4月にかけて感染拡大が深刻だったニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの東部3州は「第2波」の襲来に神経をとがらせている。 6月24日、3州の知事は共同記者会見を開き、テキサス、フロリダ、アリゾナなど最近になって感染が急拡大している南部や西部の8州からの来訪者に対し、14日間の自主隔離を要請する方針を発表した。これらの州に滞在歴がある自州の住民も対象となり、違反者に罰金や罰則を科すことも検討中という。 アメリカの1日当たりの新規感染者数は6月26日に4万人を突破。累計死者数も12万人を超えて世界最多だ。 「ウイルスが飛行機に乗ってやって来ないよう万全を期す」と、ニューヨーク州のクオモ州知事は会見で語った。「感染率を必死で下げる努力をしたのだから、再び上昇させたくはない」 <2020年7月7日号掲載> 【関連記事】芝生の上でもソーシャルディスタンス......ニューヨークの新たな日常が始まる 【話題の記事】 ・あまりにも悲痛な事態を前に言葉を失うアメリカ社会 ・ニューヨーク当局が新型コロナ時代のセックス指針を公開「最も安全な相手は自分自身」 ・自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ ・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら... ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト) ===== コロナ第2波に備えて私たちが知っておくべきこととは? The Economist-YouTube