人種差別反対運動をきっかけに、かつて「英雄」とされた人物の銅像を倒したり、撤去したりする動きが世界的に活発になっています。歴史を消してよいのか、いかに伝えるべきか、議論が起きている。