ロシアで1日、憲法改正法案の賛否を問う全国投票が実施された。中央選挙管理委員会が発表した暫定開票結果によると、賛成が8割近くに達した。改憲法案の成立が確実になり、プーチン大統領の2036年までの続投に道が開けた。 中央選挙管理委員会が発表した暫定結果(開票率約90%)によると、賛成は約78%、反対は約21%にとどまった。 改憲案が承認されれば、現行憲法では2024年の任期切れをもって大統領を退く必要があるプーチン氏が、6年の任期をさらに2期務めることが可能になる。 プーチン氏は30日の演説で、改憲により自身の今後がどのように変わるかには言及しなかった。ただ、アナリストは、プーチン氏が大統領選への5選出馬を目指すとみている。 世論調査によると、プーチン氏の支持率はピーク時の約90% からは下がっているものの、依然60%程度の支持を維持している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染67人を確認 6日連続で50人超え ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証 ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)