<「フィロポディア」と呼ばれる突起は、周囲の健康な細胞にもウイルスを広げていくための悪魔の触手。これを阻止できれば治療薬の開発につながるが> 「SARS-CoV-2ウイルス(新型コロナウイルス)」は、細胞に侵入した後に触手のような突起を伸ばし、周辺の健康な細胞を犯していく――こんな研究報告が発表された。 米学術誌「セル」に掲載された研究報告には、サルの腎臓の細胞に入り込んだ同ウイルスが触手を伸ばす様子を、特殊な装置で撮影した顕微鏡画像が添えられている。 国際的な研究チームが実施した同研究によれば、新型コロナウイルスは、侵入した細胞に「フィロポディア(糸状仮足)」の形成を促すようだ。フィロポディアは細い突起状の構造物で、細胞の移動や分裂に重要なタンパク質を豊富に含み、周囲の環境を調べるアンテナの役割を果たす。 公表された顕微鏡画像を見ると、フィロポディアのところどころに新たなウイルスの粒子が付着している。研究者たちは報告の中で、「感染していない細胞に比べて、感染している細胞の突起はずっと長く、より多くの分岐があった」と述べている。 白く見えるのが、感染した細胞の周囲から伸びる触手 DR. ROBERT GROSSE, CIBSS, UNIVERSITY OF FREIBURG 感染した細胞から伸びる触手。黄色い粒は周囲を侵そうとするウイルス DR. ELIZABETH FISCHER, NIAID/NIH. BOUHADDOU ET AL. (c)ELSEVIER2020 また研究では、(ウイルスが侵入した)宿主細胞とフィロポディアのどちらについても、動作と分裂に「劇的なリワイヤリング(情報伝達経路の繋ぎ変え)」が確認された。これらの変化は、感染する際に、ウイルスがキナーゼと呼ばれる酵素を乗っ取っていること示していると研究者たちは指摘する。 複製に適した環境をつくりだす ヨーロッパ・バイオインフォマティクス研究所の研究員で、研究報告の共著者であるペドロ・ベルトラオは、声明の中で次のように述べている。「新型コロナウイルスは、人間の細胞が一定の周期の中で分裂したり修復したりするのを阻止し、ウイルスが複製を続けるのに適した環境をつくり出している」 さらに研究チームは、既存の薬で宿主細胞の変化を阻み、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)を治療することが可能かどうかを検証。その結果、7つの既存薬に効果が期待できることがわかった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が起きて6カ月。現在、別の病気を治療するための複数の既存薬がCOVID-19の治療に使用されているが、特効薬は見つかっていない。 研究チームによれば、タンパク質の分析に使ったのは人間の細胞ではなかったため、研究成果は限定的なものだ。だが既存薬が新型コロナウイルスにどのような作用をもたらすかを調べる際には、サルの細胞に加えて人間の肺の細胞も使用したということだ。 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のケバン・ショカート教授(細胞分子薬理学)は、チームとしては今後、COVID-19の治療薬開発に役立つことを期待して、キナーゼに注目してさらなる研究を行っていきたいと語った。 <参考記事>米南部の感染爆発は変異株の仕業? <参考記事>新型コロナウイルス、モノの表面にはどのくらい残り続ける?──実験結果 ===== 「キナーゼには、薬剤の標的になりやすい構造的な特徴がある。既に私たちが特定したキナーゼの一部を標的にした複数の薬が開発されている。臨床医学の研究者たちには、それらの薬の抗ウイルス効果を検証することを勧めたい」 報告書の共著者で、UCSF定量生命科学研究所の所長/米グラッドストーン研究所の上級研究員でもあるネーバン・クローガンは、声明の中で、「フィロポディアの広範囲にわたる分岐」が確認されたことは、ウイルスが宿主細胞に侵入した後にどう振る舞うのかを理解することが、治療法の解明に役立つ可能性があることを示していると語った。 彼はさらにこう述べている。「私たちが行ったデータに基づく研究で、COVID-19の治療に大いに効果が期待できる薬剤が、新たに複数特定された。単体で効果が期待できる薬剤や、ほかの薬剤と組み合わせることで効果が期待できる薬剤だ。今回のパンデミックを収束させる上で、これらの薬剤が役に立つかどうか、期待しつつ見守っていきたい」 【話題の記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染100人以上を確認 緊急事態宣言解除後で最高に ・「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)