ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテックと米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。 ビオンテックによると、24人の健康な被験者を対象に2種類の用量の試験を実施。その結果28日後に感染者に通常見られる水準を超える抗体が確認された。 ワクチンの投与は各用量とも3週間で2回行った。投与量が高い場合、2回目の投与後4人中3人に短期間の発熱が見られた。 ビオンテックのウグル・サヒン共同創業者兼最高経営責任者(CEO)は「ワクチンが免疫活動をもたらし、強い免疫反応を引き起こすことが示された」と述べ、大規模治験に向け準備を進めていることを明らかにした。 みずほ証券のアナリスト、ダイバン・バミル氏は「さらに多くの取り組みが必要だが、これまでのところ利便性がリスクを上回っているようだ」と指摘した。 コロナワクチンを巡っては世界中で17件の治験が実施されており、ビオンテックとファイザーのほか、米モデルナや中国のカンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)、イノビオ・ファーマシューティカルズなどが開発に取り組んでいる。 *情報を追加しました。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染67人を確認 6日連続で50人超え ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証 ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)