フランスで3日、フィリップ首相率いる内閣が総辞職した。2022年の再選出馬が見込まれるマクロン大統領は政権を立て直し、有権者の信頼回復を目指す。 マクロン大統領は後任の首相にサルコジ元大統領に近い官僚出身のジャン・カステックス氏を任命した。カステックス氏は55歳。中道右派で、新型コロナウイルス感染拡大抑制策の緩和を指揮した。 カステックス氏は「経済危機はすでに到来している」とした上で、「発展を最優先課題に掲げ、そのための協力方法を確立していく必要がある。国が一丸となってこの危機に立ち向かっていかねばならない」と訴えた。 大統領府の声明によると、新たな内閣が発足するまでフィリップ首相率いる内閣が職務を継続。ルメール経済・財務相が続投するか注目されている。 マクロン大統領による内閣改造の動きは、大統領率いる与党が6月28日の統一地方選で大敗を喫したことを受けたもの。複数の側近によると、次の大統領選挙までわずか21カ月となる中、マクロン大統領は態勢立て直しを図りたい考え。 リスク・コンサルティング会社テネオのアントニオ・バローゾ氏は、カステックス氏の任命について「無名の官僚を起用することで、今後の政策運営を完全に掌握したいというマクロン氏の思惑がうかがえる」と分析した。 複数の政治アナリストによると、マクロン大統領よりも人気があるフィリップ首相を交代させるのは大統領にとって賭けとなる。首相は一連の混乱期に確固たる忠誠を示していたほか、2022年に大統領選のライバルとして浮上する可能性がある。 ただ、マクロン氏の側近らによると、同氏とフィリップ氏の関係は円満だという。フィリップ氏は今後、マクロン氏の支持率回復に協力するとみられている。ある政府幹部は「マクロン氏に対するフィリップ氏の忠誠心が損なわれたわけではない」と強調した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「休業要請は慎重に判断」 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究報告 リスクの高い血液型は? ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)