インドの家族と離れて米国で暮らす筆者。パンデミックの訪れによって、自分たちが「よそ者」であることを痛感したと言います。