菅義偉官房長官は6日午後の会見で、新型コロナウイルスの感染者が同日に東京都で102人確認され、5日連続で感染者が100人超になったことに関連し、県をまたぐ移動の自粛について、一律に要請する必要があるとは考えていないと述べた。 東京都が他県への外出自粛を要望し、国と違う内容を示していることに対し、菅官房長官は「東京都と調整していきたい」と述べた。 ただ、現在の東京都の対応については「それは東京都の判断なのだろう」と語った。 また、東京都での感染者が増加していることについては、東京都での重症者が9人にとどまっているとも説明。今後の推移を見ていく方針を改めて示した。 一方、九州での大雨被害では、熊本県で死者19人、心肺停止6人、安否不明13人のほか、災害との関連があるかどうか調査中の死者が24人であると語った。 (田巻一彦)[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3桁台 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究報告 リスクの高い血液型は? ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。