<政府「独裁」への抗議として、台湾の最大野党・国民党が議場を占拠した> 椅子のバリケードが築かれているのは、台湾の立法院(国会)だ。 6月末に政府の「独裁」に抗議するとして最大野党・国民党の議員が議場を占拠。 強行突破した与党・民主進歩党の議員ともみ合いになった。 台湾では民主主義の下、日常茶飯事である乱闘が繰り広げられる一方、海を隔てた中国では本物の一党独裁国家が香港への抑圧を進める。 <本誌2020年7月14日号掲載> 【関連記事】台湾と中国、コロナが浮き彫りにした2つの「中国語政権」の実像 【話題の記事】 ・中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消えていった ・中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは ・台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死 ・国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。 ===== 台湾の立法院に築かれた椅子のバリケード 【関連記事】台湾と中国、コロナが浮き彫りにした2つの「中国語政権」の実像 【話題の記事】 ・中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消えていった ・中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは ・台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死 ・国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉