スペイン北東部カタルーニャ州のトラ首相は8日、州全土の公共の場でのマスク着用を義務付けた。住民のほか観光客も対象で、9日から実施される。 ロックダウン(都市封鎖)措置が実施されたセグリア地区だけでなく、「カタルーニャ州全土でのマスク着用が義務化される。重要な措置と考えている」と州議会で表明し、「保護具を配布する」と述べた。 スペイン当局は先月、1.5メートルのソーシャル・ディスタンス(社会的距離)が維持できない場合、屋内外でのマスク着用を義務化したが、カタルーニャ州では今回の措置によりソーシャル・ディスタンスに関係なく6歳以上を対象に屋外または公共の屋内でのマスク着用が義務化され、違反した場合は100ユーロの罰金が科されるという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究報告 リスクの高い血液型は? ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。