フランスで、8日に確認された新型コロナウイルス感染者と死者の数が過去1週間の1日平均を上回っており、保健当局者らは第2波の可能性を警告している。 8日に確認された感染者数は663人で7日の475人を上回り、それまでの7日間の平均の536人も超えた。過去数カ月の1日当たりの平均は、6月は435人、5月は715人、4月は2582人だった。累計は16万9473人となっている。 サロモン保健総局長はフィガロ紙に、フランスは「感染拡大、また第2波にも備えておくべき」と述べた。 8日に確認された死者数は32人で、過去7日間の平均の18人の2倍の水準となった。累計では2万9965人。 1日当たりの平均死者数は、6月は34人、5月は143人、4月は695人だった。 フランスの死者数は世界で6番目に多い。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究報告 リスクの高い血液型は? ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。