<送られてきたマスクの品質に問題があったことで、中国に対して反感が強まる欧州諸国> 中国の「マスク外交」は失敗に終わったらしい。 シンクタンクのヨーロッパ外交評議会がヨーロッパ9カ国で、中国への印象が新型コロナ前後でどう変わったかを聞いた結果、フランスとデンマークでは悪化が62%に対し好転がそれぞれ6%と5%、ドイツは悪化が48%に対して好転は7%。9カ国の平均では悪化が48%に対し、好転はわずか12%だった。 中国から送られてきたマスクなどの物資に品質上の問題があったことで中国への信頼は傷ついており、マスク外交は中国への反感の一因になっている。 中国はコロナ禍の「救世主」にはなれなかったようだ。 ■中国への印象が好転したと答えた欧州9カ国の回答の平均 12% ■中国への印象が悪化したと答えた欧州9カ国の回答の平均 48% ■中国への印象が好転したと答えたデンマーク人。悪化は62% 5% <本誌2020年7月14日号掲載> 【関連記事】中国「マスク外交」の野望と、引くに引けない切実な事情 【話題の記事】 ・中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない! ・国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉 ・中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは ・手術されるインターセックスの子供たち トップモデルが壮絶な告白 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。 ===== 中国最大のマスク製造工場の内側 【関連記事】中国「マスク外交」の野望と、引くに引けない切実な事情 【話題の記事】 ・中国で「性風俗」が合法になる日はそう遠くない! ・国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉 ・中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは ・手術されるインターセックスの子供たち トップモデルが壮絶な告白