<ロシア疑惑捜査で、トランプのために偽証したとされる男の実刑をトランプが大統領権限で免除。アメリカの法治も終わり?> カリフォルニア州選出のナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は、ドナルド・トランプ大統領が長年の盟友ロジャー・ストーンの刑の執行を免除したことを厳しく批判。このような行動は、「驚くべき腐敗ぶり」を示し、「わが国の安全保障に対する脅威」だと述べた。 ストーンは2016年大統領選でロシアとトランプ陣営の共謀が疑われた「ロシア疑惑」の捜査で、偽証や証人買収を行ったとして禁固3年4カ月の実刑判決を受け、7月14日に収監される予定だった。だがトランプは7月10日、ストーンの刑の執行を正式に免除した。 トランプは以前から、政治コンサルタントで側近のストーンはロシア疑惑を捜査するロバート・ムラー特別検察官から不当に標的にされたと訴え、擁護していた。 「驚くべき腐敗ぶりだ」と、ペロシはCNNの番組で語った。「これはわが国の安全保障を脅かす問題であることも、人々は知る必要がある」 トランプ大統領の弾劾捜査のプロセスは全体として、わが国の安全保障に関するものだった」と、ペロシは言う。ストーンの容疑はロシアと共謀して大統領選をトランプに有利に運ぼうとしたことだからだ。 「ストーンは、議会に嘘をついただけではない。アメリカ国民に嘘をつき、証人を買収した。これは安全保障の問題だ」と、ペロシは強調した。 司法長官とも真っ向対立 67歳のストーンはムラーの捜査の結果として起訴され、証人の買収や捜査官への嘘を含む7件の罪で有罪となった。 背中にリチャード・ニクソン元大統領の顔の入れ墨を入れていることでも有名なストーンは、政界の工作員ともいわれるフィクサー。2016年の大統領選挙運動中に、ロシアのエージェントが盗んだ民主党幹部と民主党全国委員会の電子メールに関する情報をウィキリークスから得ようと試みた。また、自分の行動に関する嘘を裏付けるために、友人に圧力をかけようとした。 ストーンの刑の執行を免除するというトランプの決定は、ウィリアム・バー司法長官の見解と真っ向から対立するものだし、著名な共和党議員数人も、今回のトランプの行動を強い調子で批判している。 「検察の主張は正しく、裁判官が最終的に下した判決は公正だったと思う」バーはトランプの決定に先立つ8日の時点で、ABCニュースで語っている。 トランプと何度も衝突しているユタ州選出のミット・ロムニー上院議員(共和党)は、11日のツイートで大統領の決定を強く非難した。「前例のない歴史的な腐敗だ。アメリカの大統領が、その大統領を守るために嘘をつき、陪審員によって有罪判決を受けた人の刑を免除するとは」 <参考記事>トランプの盟友、ロシア疑惑巡り偽証罪で米特別検察官が起訴 <参考記事>どこが違う? トランプ・ロシア疑惑とウォーターゲート ===== ペンシルベニア州選出のパット・トゥーメイ上院議員は、より慎重だが批判を含む声明を発表した。 「ロシア疑惑に対する捜査には欠陥があり、その不満は理解するが、それでもロジャー・ストーンの刑を免除することは間違いだ」と、トゥーメイは主張した。「ストーンは議会に嘘をつき、証人を買収し、共和党主導の委員会が行った議会調査を妨害した。有罪判決は正当だった」 トランプは12日朝のツイートで共和党議員2人からの批判に反論し、2人を「名ばかり共和党員(Republican In Name Only)」の略語「RINO」で呼び、ロシア疑惑全体がFBIによるでっちあげだったと主張した。 「RINOのパット・トゥーメイとミット・ロムニーは、オバマとバイデン陣営が私の選挙運動を違法にスパイしていた事実は問題だと思わないのだろう。コミー(ジェームズ、元FBI長官)、マッケイブ(アンドリュー、FBI副長官)などΩFBI全体がやりたい放題で、歯止めが利かず、いたるところで嘘をまき散らし、情報をリークしていたことは気にならないのか?」と、トランプは書いている。 (翻訳:栗原紀子) ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・【動画】集中豪雨により氾濫する長江 ・銀河系には36のエイリアン文明が存在する? ・カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。