ロイターのデータによると、メキシコの新型コロナウイルスによる死者の累計は12日に3万5000人を突破し、イタリアの死者数を超え、米国、ブラジル、英国に続き世界で4番目の数を記録した。 一方、ロペスオブラドール大統領は、国内の感染拡大は抑制されつつあるとの見方を示し、「保守的なメディア」が人々の警戒心を過度に高めていると批判した。 12日に死亡が確認された人は276人、新規感染者は4482人だった。死者は合計3万5006人、感染者は29万9750人に達した。イタリアの死者は3万4954人、感染者は24万3061人。 ロペスオブラドール氏はここ1週間、感染状況の報告を受けており、楽観視していると説明。「明るい報告で、好ましい。感染拡大は収束しつつあり、勢いを失っている」と自信を示した。 スタティスタによると、人口約1億2000万人のメキシコでは、100万人当たりの新型コロナ死者数は世界で16番目に多い。 ただ、当局は、ウイルス検査が限られていることから、実際の数字はこれよりもずっと多くなる可能性があると説明している。ロイターが5月に葬儀場のデータを基に分析した結果、死者数は現在報告されている数の倍に達する可能性がある。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要 ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。