9月に予定される香港の立法会(議会)選挙に向け民主派が11─12日に実施した予備選は、投票者数が60万人を超えた。予備選を巡っては、香港政府高官が「香港国家安全維持法」(国安法)に違反する可能性があると警告していたが、香港各地に設けられた約250の投票所には行列もみられた。 主催者側によると、2日間の日程を終えた時点で、オンライン投票者数は59万2000人、従来の紙投票は2万1000人と、予想を上回り、昨年の選挙での民主派支持者の約3分の1に上った。 主催者の1人は「国安法が暗い影を落とす中、60万人が投票した。香港市民の勇敢さを示すものだ。市民は新たな奇跡を生み出した」と語った。 民主派は立法会選挙で初の過半数獲得を目指しており、予備選で候補者を絞り込む。 予備選は民主派のみが対象だったものの、参加者の多さは、人口750万人の香港の世論を測る目安になるとみられる。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉 ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。