英医学誌ランセットは15日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同で開発している新型コロナウイルスワクチンについて、初期臨床試験(治験)の結果を20日に公表すると明らかにした。 ワクチン候補「AZD1222」はすでに大規模な第3相臨床試験に入っているが、第1相試験の結果はまだ公表されていない。 ランセットの広報担当者は「論文は現在最終編集中で、7月20日に公表される」と述べた。 アストラゼネカとオックスフォード大学は今月に入り、これまでに確認された免疫効果に満足しているとの見解を表明。世界保健機関(WHO)のチーフ・サイエンティストは6月、開発が進められているワクチン候補の中で「AZD1222」が最も進んでいる可能性があるとの見方を示している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、15日の新型コロナ感染165人 警戒レベル最高に引き上げ、小池知事「GoToキャンペーン再考を」 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染 ・インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。