イランの新型コロナウイルス対策チームの当局者は16日、同国で強力な感染第2波が発生しており、医療従事者や病床の不足が深刻化していると明らかにした。イラン学生通信(ISNA)が伝えた。 イランは中東で最悪の感染被害を受けているが、4月半ばに感染拡大抑制のためのロックダウン(都市封鎖)緩和に踏み切った。 ISNAによると、自らも感染している同当局者は、第2波は6月初めに表面化し、第1波よりはるかに強力であることが判明したと述べた。 保健省報道官が国営テレビで語ったところによると、イランで確認されている新型コロナ関連の死者は1万3608人、過去24時間に確認されたのは198人となっている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・感染防止「総力挙げないとNYの二の舞」=東大・児玉氏 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ ・インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。