ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルス感染者は16日に7万7217人増加し、1日当たりの増加数としては過去最多を更新した。 死者数は969人増と6月10日以降で最悪となった。フロリダ、サウスカロライナ、テキサスの各州で過去最多を記録した。 累計の死者数は13万8000人。専門家は、最近の感染者数と入院者数の急増を踏まえると、今後死者が大幅に増加する公算が大きいと警告している。 ロイターの集計によれば、米国内の新型コロナによる死者の数は4月の1日当たり2000人がピークで、5月は1300人、6月は800人以下と徐々に低下してきた。しかし7月は再び増加に転じている。 1日当たりの新規感染者数は今月10日に記録した6万9070人がこれまでの最多だった。6月は1日当たりの増加数が平均2万8000人だったが、7月は平均5万7625人となっている。 全米50州のうち半数を超える30州では、7月に入って1日当たりの感染者増加数が過去最多を更新した。16日はテキサス州が1万5000人超、フロリダ州が1万4000人弱、カリフォルニア州が約1万人だった。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・感染防止「総力挙げないとNYの二の舞」=東大・児玉氏 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ ・インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。