<欧米共同開発の太陽探査機「ソーラー・オービター」は、これまで研究者を悩ませてきた太陽の様々な謎を解決できるか> 宇宙観測史上、最も太陽に接近して撮影した画像を、NASA(米航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)が初めて公開した。 NASAとESAが共同開発した太陽探査機「ソーラー・オービター」から送られてきたこの画像では、これまで撮影されたことがなかった太陽の表面上で発生している「キャンプファイア」という現象も捉えられている。 この現象は、小規模な太陽フレアで、なぜ太陽の表面よりも外側の太陽フレアの方が高温なのか、という長年、解明できていない謎を解く手掛かりになるかもしれない。 太陽の表面上に細かいフレア「キャンプファイア」が発生しているのが見える SOLAR ORBITER ESA & NASA 「これまでで最も近い距離から撮影された画像で、太陽系中心部をめぐる我々の探索の最初の一歩となる」と、ESAの科学者ダニエル・ミュラーは本誌の取材に答えている。 「最終的には、太陽系の最も内側の惑星である水星よりも太陽に近づく。最大の驚きは、最初の画像のクオリティーの高さだ。さらにこのコロナ禍のなか、探査機に搭載した10の観測機器のすべてについて予定通りに初期テストと調整を終えることができたことも素晴らしい」 画像上部の矢印で示されているのがキャンプファイアの1つ SOLAR ORBITER ESA & NASA 2018年にNASAが打ち上げた宇宙探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」も「ソーラー・オービター」より太陽に接近しているが、太陽を直接、撮影する望遠鏡を搭載していなかった。 キャンプファイアの画像は、極端紫外線撮像(EUI)と呼ばれる観測機器で今年5月30日に撮影された。この時、ソーラー・オービターは地球と太陽の間のちょうど半分くらい、太陽から約7700万キロの位置にまで接近していた。 「個々のキャンプファイア自体にはまったく大きな意義はないが、太陽全体で考えると太陽コロナを加熱させる主な要因になるのではないか」と、EUI担当のフレデリク・オシェアは声明で語っている。 探査機に搭載された観測機器で捉えられた様々な太陽の表情 SOLAR ORBITER ESA & NASA ミッションを通じて「ソーラー・オービター」は、太陽の未知の北極圏・南極圏の画像も送ってくる予定だ。ミュラーによると、それが太陽の磁場に関する貴重な考察を与えてくれるという。 また「ソーラー・オービター」は、太陽から放出される強力な放射線や太陽エネルギー粒子線が地球にどのような影響を及ぼしているか、そのしくみを解明するのに必要なデータを収集することになっている。これは地球の送電システムや通信網に障害が出る「宇宙嵐」の解明や予測に繋がるかもしれない。 <関連記事:宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マップが初公開> <関連記事:火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデルで算出される> ===== さらに今回のミッションによって、太陽の周囲に形成される「太陽圏」の理解が進むと見られている。「太陽圏」は、太陽が放出するエネルギー粒子(太陽風)によって太陽系全体を包み込むように形成される、広大な泡のような領域だ。 「根本的に、太陽と太陽圏の関係を理解することは太陽系がどのように機能しているか理解するうえで重要な鍵になる」と、ミュラーは語る。 太陽に最接近する際、「ソーラー・オービター」は摂氏570度の高温に晒される。この極度の高温に耐えるために、探査機は特殊な耐熱シールドに覆われ、探査機内部や繊細な観測機器は摂氏50度以下に保たれる。 「最初の画像ですでに興味深い未知の現象が確認できる。最初からここまで素晴らしい結果が出るとは、実は期待していなかった」とミュラーは言う。 現時点では、キャンプファイアがそれよりもずっと大きい太陽フレアと同じメカニズムで発生しているのかどうかは不明だ。太陽フレアは地球からも観測され、送電網や通信網に障害を及ぼすことがある。 最接近で観測された太陽光、磁場、動きのデータ SOLAR ORBITER ESA & NASA 研究者たちはこのミッションの観察研究によって、太陽表面よりも300倍高温の摂氏100万度に達する太陽コロナの高温にキャンプファイアが寄与しているかどうか、その疑問を解くことができるかもしれないと考えている。このミステリーは、何十年間も研究者を悩ませてきた。 6つの望遠鏡と4つの観測機器を搭載した「ソーラー・オービター」は今年2月10日に打ち上げられ、6月までに様々なシステムのチェックを行う試運転を終了した。ミッション全体は7年の計画で、半年ごとに太陽に接近して観測を続けることになっている。 <関連記事:宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マップが初公開> <関連記事:火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデルで算出される> 【話題の記事】 ・東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管 ・インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。 =====