世界各国の製薬会社が新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の開発に奔走する中、韓国政府は17日、同国製薬大手・セルトリオンが開発した抗体医薬品について、初期段階の臨床試験(治験)を承認した。こうした医薬品の人を対象にした試験は同国初となる。 同社の抗体医薬品は、ウイルスの表面に直接作用し、ウイルスが人の細胞を捕捉することができないように設計されている。韓国国内の病院と共同で健康な32人を対象に治験を行う。 また、海外でも欧州全域で近く治験を開始する予定で、その後軽症から中等症の患者を対象に、世界的に治験を実施する方針。 同社によれば、年末までに初期の治験結果を得られる見込みで、21年初めまでの商業化を目指すという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・感染防止「総力挙げないとNYの二の舞」=東大・児玉氏 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・東京都の新型コロナウイルス新規感染188人、4日ぶりで200人下回る 7月合計3000人突破 ・インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。