<新型コロナウイルスのワクチン早期実用化を加速させる試みが、ワクチン開発の在り方を根底から変える> 死者の数を最小限に抑えつつ新型コロナウイルス危機を収束させるためには、安全で有効なワクチンが欠かせない。各国政府や国際機関がワクチン開発に力を注いでいるのは、そのためだ。 現在、世界で100を超す研究チームが新型コロナウイルスのワクチン開発に取り組んでいて、既に十数種類以上のワクチン候補が臨床試験の段階に進んでいる。専門家の間では、10~16カ月以内にワクチンが承認されると予測している人が多い。 しかし、先行きは不透明だ。ワクチンが実用化されるまでには、多くのことが順調に進まなくてはならない。 ワクチン開発のプロセスでは、動物実験を経た後、人間を対象にした臨床試験で安全性と有効性が検証される。臨床試験は、フェーズ1(たいていごく少数の人が対象)、フェーズ2(数十人から数百人)、フェーズ3(数千人)へと、次第にワクチンを投与する人の数を増やしていく。 臨床試験で安全性と有効性の基準を満たせば、米食品医薬品局(FDA)など、各国の監督官庁により承認される。ワクチンの予防接種が始まっても、安全性と有効性の評価作業は続く(フェーズ4)。 新型コロナウイルスのワクチンを早期に実用化することを目的に、このプロセスを加速させる試みがなされている。 そのような取り組みの多くは、複数のステップを並行して行うことで時間短縮を目指す。臨床試験のフェーズ1とフェーズ2を同時に行ったり、(既に承認されているものに似た物質に関しては)動物実験とヒトの実験を同時並行で実施したりしている。 将来のワクチン開発のモデルに 注目すべきなのは、これらの試みは、ワクチン開発の重要なステップを割愛していないことだ。あくまでプロセスを効率化することにより、スピードアップを実現しようとしているのである。 いつか新型コロナウイルスのワクチンが開発されれば、その過程で得た教訓により、ワクチン開発の在り方が大きく変わりそうだ。 革新的な臨床試験の設計や、動物とヒトの実験を並行して実施する手法は、今後のワクチン開発でも採用されるだろう。ウイルスの遺伝情報を使うmRNAワクチンなど、新しいタイプのワクチンは、これから発生する新しい感染症のワクチン開発にも応用される可能性が高い。 今回の危機では、ウイルスの遺伝子配列情報が早い時期に公開・共有された。この経験は、将来のワクチン開発のモデルになるだろう。 【関連記事】新型コロナのワクチンはいつになったらできる? ===== ワクチン開発プログラムの運営方法も変わり始めている。新興感染症のワクチン開発を加速させることを目的とする国際的な官民パートナーシップである「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」は、新型コロナウイルスでも既に9種類の開発計画に資金を提供している。 やはり官民が手を携えて低所得国の子供たちへのワクチン提供に取り組んできた「Gaviワクチンアライアンス」は、新型コロナウイルス感染症では子供だけでなく大人向けのワクチンの開発も支援することになりそうだ。 大掛かりな危機は、しばしば現状を根底から揺さぶり、変革を突き動かす。その点では、新型コロナウイルスの感染拡大も例外ではない。 いま実践されている新しい取り組みは、あらゆる感染症のワクチン開発と接種開始に至るプロセスの刷新を促進するだろう。 From Foreign Policy Magazine <本誌2020年7月28日号掲載> 【関連記事】新型コロナのワクチンはいつになったらできる? 【話題の記事】 ・全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは ・韓国のコロナ対策を称える日本に欠ける視点 ・「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強いインドネシア、ベール越しのデートで初夜まで気付かず ・ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府の対応に疑問の声 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月28日号(7月21日発売)は「コロナで変わる日本的経営」特集。永遠のテーマ「生産性の低さ」の原因は何か? 危機下で露呈した日本企業の成長を妨げる7大問題とは? 克服すべき課題と、その先にある復活への道筋を探る。