<英エジンバラ大学などの研究によると、寿命、健康寿命、長命に関連する10のゲノム座位が特定され、これらの座位は鉄代謝とも関連していることがわかった......> 鉄分はヒトの身体を健康に機能させるために不可欠な栄養素だが、その量が過剰となると、様々な問題を引き起こす。脳の鉄分レベルの変化とアルツハイマー病患者の認知低下に関連があることが明らかとなっているほか、鉄代謝異常による疾患「ヘモクロマトーシス」もその一例だ。 血中の鉄代謝に関与する遺伝子は、健康な長寿の要因 英エジンバラ大学と独マックス・プランク老化生物学研究所(MPI AGE)の共同研究チームは、生物学的老化に関連する「寿命」、「健康寿命」、「長命」の3つの要素に着目し、極めて長寿な6万人を含め、欧州の175万人の遺伝情報を分析した。 2020年7月16日にオープンアクセスジャーナル「ネイチャーコミュニケーションズ」で発表された研究論文では、寿命、健康寿命、長命に関連する10のゲノム座位が特定され、これらの座位は鉄代謝とも関連していることがわかった。 これら10のゲノム座位には、アルツハイマー病発症リスクと関連する「APOE」をはじめ、加齢プロセスやヒトの健康に関与することがすでに明らかとなっているものも含まれる一方、「SLC4A7」や「LINC02513」など、これまでゲノム規模で有意だとみられていなかった5つの座位も新たに確認されている。 さらに研究チームは、統計的手法のひとつ「メンデルランダム化(MR)解析」を用いて、データ分析で観察されたこれらの関連から因果関係を推定し、「血中の鉄代謝に関与する遺伝子は、健康な長寿の要因の一部である」ことを示した。 健康寿命を伸ばすための医薬品の開発を加速させる 一連の研究成果は、加齢性疾患を減らし、健康寿命を伸ばすための医薬品の開発を加速させるものとして期待が寄せられている。たとえば、遺伝的変異が鉄代謝にもたらす影響を模倣した医薬品によって、老化に伴う影響に打ち勝つことができるかもしれない。血中の鉄分値をコントロールすることで老化によるダメージを予防できる可能性もある。 研究論文の責任著者でマックス・プランク老化生物学研究所のヨリス・ディーレン博士は「我々の究極の目標は、老化がどのように制御されているのかを解明し、老化しながらも健康を増進させる方法を見つけることだ。寿命、健康寿命、長命に関連するこれら10のゲノム座位は、今後の研究において有力な候補となるだろう」と述べている。