24日、都内で新たに260人の新型コロナウイルス陽性者が確認された。テレビ朝日など国内メディアが報じた。 陽性者が100人を超えるのはこれで16日連続となる。7月に入って200人を超えるのは11回目となり、7月の合計では4455人と感染拡大に歯止めがかからない状態だ。 この日確認された陽性者のうち、20代と30代は合わせて186人で全体の71%、40代と50代は55人で21%を占める。また感染経路が不明な人は156人で60%にものぼっている。 これで都内で確認された陽性者の合計は10680人。緊急事態宣言が解除された5月25日以降の累計は5535人と累計の半数を超えた。 東京都では4月17日に206人の感染確認をピークに、徐々に新規陽性者が減り続け、5月23日には新規陽性者が2人まで減少。感染拡大の抑え込みに成功したかに見えたが、その後、新規陽性者が増加。7月に入ってからは連日100人以上の、感染拡大が続いている。感染者が2人と最少だった5月23日以降の累計では5551人となっている。 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果 感染者の現在の状況 *チャーター機帰国者、クルーズ船乗客等は含まれていない*「重症」は、集中治療室(ICU)等での管理又は人工呼吸器管理が必要な患者数を計上*退院者数の把握には一定の期間を要しており、確認次第数値を更新している 【関連記事】 ・東京都、23日のコロナウイルス新規感染366人で過去最多に 緊急事態宣言解除後の感染者が累計の過半数超える ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・がんを発症の4年前に発見する血液検査 ・インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月28日号(7月21日発売)は「コロナで変わる日本的経営」特集。永遠のテーマ「生産性の低さ」の原因は何か? 危機下で露呈した日本企業の成長を妨げる7大問題とは? 克服すべき課題と、その先にある復活への道筋を探る。