<スペイン・フランス・ドイツで新たな感染者が再び増加しており英政府は帰国者の自主隔離義務づけも> ヨーロッパでは、スペイン、フランスとドイツで再び新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受けて、ヨーロッパに感染拡大の第2波が訪れつつあるのではないかという懸念が浮上している。欧州疾病予防管理センターの報告によれば、7月27日の時点で新型コロナウイルスの感染者や欧州連合(EU)、欧州経済領域(EEA)とイギリスを合わせて167万5022人に上っている。 ■スペイン 7月18~24日の1週間で、スペインでは新たに1万2039人の感染が報告された。統計サイト「ワールドメーター」によれば、前週の感染者数(6347人)から90%近い増加だ。 感染者が急増し始めたのは7月上旬。6月21日に非常事態宣言を解除し、国境封鎖・入国規制の段階的な解除を始めてから約2週間後だ。 感染者が多く報告されているのが、バルセロナがある北東部のカタルーニャ州で、同州では全てのナイトクラブに2週間の閉鎖命令が出された。またAP通信によれば、感染者が急増しているバルセロナや同州西部のリェイダと周辺の自治体には、外出禁止令が出されている。ニュースサイトのザ・ローカルによれば、南東部のムルシア州でも、テラス席のない全てのクラブに閉鎖命令が出された。 「安全な渡航先」リストから外れる スペインでは複数の地域で公共の場でのマスク着用が義務づけられており、カタルーニャ州では17日から、バルセロナを含む複数の地域の住民に外出の自粛を求めている。 スペインでの感染者急増を受けて、イギリス政府は25日、イギリス人の間で人気の休暇先でもあるスペインを「安全な渡航先」のリストから外し、スペインから入国する全ての人に14日間の自主隔離を義務づけた。 だがスペインのアランチャ・ゴンザレス・ラジャ外相は26日、報道陣に対して「スペインは国民にとっても旅行者にとっても安全な場所だ」と強調。ロイター通信によれば彼女は、バレアレス諸島とカナリー諸島はイギリスよりも感染者が少ないと主張し、これらの地域を自主隔離リストから除外するようイギリス側に求めていくと語った。 ■フランス 7月18~24日の1週間で、フランスでは新たに5854人の感染が報告された。ワールドメーターによれば、前週から50%近く増加した。 AP通信によれば、フランスの保健当局は、1人の感染者が平均何人に感染させるかを示す「R値(実効再生産数=1人の感染者が平均で何人に感染させるかの値」が1.3に上昇したことを認めている。複数の保健当局者は、以前に比べて感染者が自主隔離を怠りがちになっていると報じられていることに触れ、「ロックダウン解除後の数週間で達成した成果の多くが帳消しにされてしまった」と語った。 <関連記事>東京都、28日の新型コロナウイルス新規感染266人 2日ぶりで再び200人台に <関連記事>「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専門家 ===== 当局者たちはフランス全域に「集団的規律」を呼びかけて在宅勤務を奨励し、感染が疑われる場合には速やかに検査を受けるよう求めている。 またAFP通信によれば、政府は27日、各企業に対して「再びパンデミックが起こった場合にも対処できるように、10週間分の防護マスクを予備で確保しておくように」と勧告。従業員が安全に職務を遂行できるように「従業員を守るために全体として必要な装備が揃っているようにしておく」よう促した。 フランスでは、6月上旬頃から感染者(入院または自宅療養中)の数が増えており、7月26日の時点で6万9521人に達している。ワールドメーターがまとめたデータによれば、この数はフランスでこれまでに確認された感染者の総数の約3分の1に相当する。 ■ドイツ ドイツでは7月上旬頃から、1日当たりの新規感染者数が再び増加に転じた。7月18~24日の1週間で確認された新規感染者は3615人。ワールドメーターによれば、11~17日の感染者2757人から30.7%以上の増加だ。 大規模集会などでクラスター発生 国際放送局ドイチェ・ウェレ(DW)は、東部ザクセン州のマイケル・クレッチマー首相が25日に、「既に感染拡大の第2波が来ている」と発言したと報じた。クレッチマーは地元紙に「毎日新たなクラスターが発生しており、それが大勢の感染につながることもあり得る」と語ったという。 DWの25日の報道によれば、ドイツの直近7日間の平均R値は、その前の週の1.05から上昇して1.16だった。 ドイツのロベルト・コッホ研究所(RKI)は24日、先週のある時点では、国内の1日あたりの新規感染者数が500人前後から800人超に急増したと指摘。同研究所の広報担当者はドイツ通信社(DPA)に対して、「かなり心配な展開であり、RKIでは今後も引き続き、状況を注視していくつもりだ」と説明。「事態のさらなる悪化は、なんとしても避けなければならない」と語った。 RKIによれば、ドイツ国内の新たな感染のうち60%以上が、西部のノルトライン・ウェストファーレン州と南西部のバーデン・ビュルテンベルク州で報告されている。またDWの報道によれば、新たに発生したクラスター感染は大規模集会やレジャー、職場、公共施設や医療関連施設、海外からの帰国者などとのつながりが確認されている。 <関連記事>「接触追跡アプリが第2波を防ぐには不可欠」ジョンズ・ホプキンズ大専門家インタビュー <関連記事>ベルギーの死亡率が世界一高いといわれる理由、ポルトガルが低い理由...... ===== AP通信によれば、24日夜には、ドイツのクルーズ船「マイン・シフ2」がハンブルグの港からノルウェーに向けて出港。パンデミックの影響で凍結状態にあったクルーズ船運航の再開第1号となった。AP通信によれば、乗客数は通常の2900人よりも少ない1200人に絞られ、同船が28日にドイツに戻るまで下船せずに船の中で過ごしたという。 24日にはノルウェーも、スペインからの帰国者に再び10日間の自主隔離を義務づける措置を発表。フランス政府は国民に、カタルーニャへの渡航を控えるよう勧告した。 イギリスのヘレン・ワッテリー保健担当閣外相はニュース専門局のスカイ・ニュースに出演した際、今後フランスとドイツからの帰国者にも自主隔離を義務づけるかどうか問われると、こう答えた。「常に状況を見定めていく必要があるし、それが、国民が私たちに期待していることだと思う」 彼女はさらにこう続けた。「現在は(帰国者に)自主隔離を求める必要がない国でも、今後感染者が増えていけば、政府として行動を起こさなければならない。新型コロナウイルスが再びイギリス全土に広まるリスクを冒すことはできないからだ」 中国の武漢で初めて感染が確認されて以降、世界各地で新型コロナウイルスに感染した人の数は(アメリカの420万人超を含め)合わせて1620万人を突破した。米ジョンズ・ホプキンズ大学の最新の集計によれば、これまでに940万人が回復を遂げたものの、64万8900人を超える人が命を落としている。 【話題の記事】 ・イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人主義 ・「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」