<コロナ禍のなか、ファッション業界の一部では売上が伸びている。そこには各国の自己表現の違いも──> 今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、様々な業界において景気の悪さを耳にすることが多いが、アパレル・ファッション業界も厳しい状況に追い込まれている。海外ブランドの日本撤退や売り上げ低迷などの暗いニュースが続いているが、意外にも売り上げを伸ばしているアイテムがあるという。 多くの企業がテレワークを取り入れ、ビデオ会議を活用するようになった。また、なかなか会えない友人らとZOOM飲み会が流行った結果、日本ではシャツやブラウス等トップスの売り上げが去年を上回るほど好調なのだという。ボトムは見えなくても上半身は変えたいという需要が広がっているためだと言われている。 最近若者の間ではその流行が注目されているお隣の国・韓国でも、今年はアパレル・ファッション業界が厳しいようだ。今月22日発表された統計によれば、サムスン物産ファッション部門第1四半期の売上高は3770億ウォンと9.4%減少し、営業利益も10億ウォンで90%も急減している。 コロナ禍なのにレギンス売上が前年200%に増加 ところが、こちらも意外なアイテムの売り上げが好調なのだという。トップスの売り上げを伸ばす日本とは逆に、韓国ではボトムスとして「レギンス」が空前のブームとなっている。 レギンスの売り上げが急増したのは、今年の5月頃からで、突然売り上げが200%以上もアップした。韓国でも日本同様ヨガやジムでのスポーツウェアや、スカートなどの下にファッションとして着用する人は多かったが、何が原因で注目を集めることになったのだろうか。 理由として考えられるのは、コロナ感染を避け家にいることが多くなり、楽な服装を求めつつ部屋着ではなく外にも出られる服を買う人が多くなったこと。また、インスタグラムのハッシュタグ「#レギンス登山」が流行の引き金になったと言われている。 感染拡大が収まり外出が可能となっても、密を避けて人のいない山で登山を楽しむ人が増えた。元々韓国人は登山好きだったが、ここにきてSNSを中心にレギンス着用での登山写真が流行ったことから、山登りに着用する女性が増えたようだ。その流れから、スポーティー系ファッション好きな韓国女性達の間で、アメリカのように街中でもズボン代わりとしてレギンスを履く人が増え始めている。 ===== 韓国でレギンスをアウターとして認知させたのはタレントのクララ。その圧倒的なボディコンシャスぶりは驚異的。 JTBC News/ YouTube 「TPOをわきまえろvs個人の自由」で論争に ところが、レギンスはあまりにも体系がはっきり出るため、「見ている方が恥ずかしい」「TPOをわきまえるべきだ」という「日常生活でのレギンス1枚履き反対派」が待ったを出した。特に、男性からは「どこを見ていいか困ってしまう」という意見も出ている。 これに対して「ファッションは個人の自由であるべきだ」と訴える人達も現れ、職場にもレギンス姿で出勤する女性もいるという。いまやネット上では「TPOをわきまえろ」vs.「ファッションは個人の自由」論争が巻き起こっている。 そもそも、韓国でレギンスの1枚履きが話題になったのは2013年の事だった。女性タレントのクララが野球の始球式で、ユニフォームに似せたデザインのレギンスと丈の短いユニフォームシャツを着て登場し、球場を沸かせた。この始球式ファッションは韓国内で話題となり、レギンス姿の芸人がバラエティ番組でパロディをする姿なども見られた。クララはそれまで知名度が低かったものの、この始球式のレギンスファッションですっかり有名になった。もっとも、この当時から既に好意的な意見と、目のやり場に困るという意見が交差していたそうだ。 レギンス先進国アメリカでも議論が続く 元祖レギンスファションと言えば、アメリカだろう。米国在住の筆者も街を歩いているとレギンス1枚履きの女性はどこででも見ることができる。すっかりパンツ代わりとして市民権を得ていると思いきや、実はアメリカでもレギンス論議はこれまで何度も行われてきた。 ここ最近の例を見てみよう。2017年、アメリカのユナイテッド航空がレギンスを着用し搭乗しようとした少女2人の搭乗拒否し話題となった。航空会社側は、レギンスを着替えるか、上からスカートなどの着用を求めたという。 これには賛否両論意見が集中したが、最終的にユナイテッド航空は、公式サイトで「お客様のレギンスは歓迎です」「しかし、航空会社で働く従業員やその家族友人が使える格安特典を利用して搭乗する際は、搭乗者はユナイテッド航空を代表しているとみなし、ドレスコードを設けている」「今回のレギンスファッション騒動は、そのドレスコードに従っていなかったため起きた」と説明した。 ===== 校則でのレギンス禁止は男女差別? 同じく2017年にはヒューストンにあるストラトフォード高校のヘザー・テイラー校長が、ドレスコードについて「Sサイズ以上である女子生徒は、太って見えるためレギンスを履くのは禁止する」と発言し、非難が殺到した。その後、校長は謝罪している。また、2018年には、ウィスコンシン州の高校で、レギンス禁止の校則は性差別だと訴える生徒たちが登場した。「男子生徒はスポーツウェアを着て登校しているのに、女生徒がレギンスを着て授業を受けて何が悪いの」というのだ。 続いて去年、2019年にはテキサスでは、生徒ではなく、保護者へ学校訪問時のドレスコードを守るように通達が言い渡され注目を集めた。レギンス以外にも、露出度が高いトップスなど10項目の禁止事項があり、学校長は「規則を守れない者は校内に入れません」とし、波紋を広げた。 アメリカでは、今回のコロナ禍でもマスク着用の是非を個人の自由と主張する人がいるほど主張の強い国だ。服装の規制一つ取っても性差別や個人の自由につながるのでさまざまな老僧になってしまう。 体型を隠す日本、レギンス1枚履きはタブー? また韓国でも、これからアメリカのようにレギンスにまつわる騒動が増えていくこととなるだろう。一方、日本では、まだヨガスタジオやジム以外ではレギンス一枚履きはタブーのようだ。外で1枚履きの場合は、トップスに丈の長いシャツなどでヒップを隠していることが多い。短パンも生足を見せている人は珍しく、「外国人が驚く日本のファッション」の一つに、夏なのに短パン+黒のレギンスのコーディネイトが上がるように、日本は隠す文化が多いように感じる。 新型コロナウィルスの感染拡大による影響は様々なところへ出ているが、まさか日韓のファッションの流行にまで表れるとは思ってもみなかった。バストやヒップを強調するというファッションをあまり好まない日本では、レギンスの1枚履きが定着することは難しいかもしれないが、ファションはそもそも自己満足のためにある。本人が快適である程度のTPOを守って着用しているのなら、他人がとやかく口を出す事ではないだろう。 【関連記事】 ・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・がんを発症の4年前に発見する血液検査 ・これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえられる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」 ===== レギンス姿で一躍話題を呼んだクララ 韓国でレギンスをアウターとして認知させたのはタレントのクララ。その圧倒的なボディコンシャスぶりは驚異的。映像の1分42秒から。 JTBC News/ YouTube 【関連記事】 ・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・がんを発症の4年前に発見する血液検査 ・これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえられる