ロイターの集計によると、新型コロナウイルス感染症による米国の死者は28日に1292人増加し、1日当たりの増加数としては5月以来の高水準となった。 カリフォルニア州、フロリダ州、テキサス州で1日当たりの死者数が過去最多となり、この3州で合わせて584人となった。アーカンソー、モンタナ、オレゴンの各州でも最多を更新した。 アリゾナ、カリフォルニア、フロリダ、テキサス各州では今月、感染者が急増し医療体制が逼迫。経済再開の一部撤回を余儀なくされている。 米国ではこれまでにコロナにより15万人近くが死亡しており、死者数が世界で最も多い。28日には感染者が6万4000人超増加し、累計感染者数は438万人に達した。 1万人当たりの死者数でみると、米国は4.5人で、感染状況が最も深刻な20カ国のうち6番目に多い。最多は英国で、スペイン、イタリア、ペルー、チリと続く。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・がんを発症の4年前に発見する血液検査 ・韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」