<金正恩はコロナ対策強化を指示したが食料と医薬品の不足が国民を直撃> 中国湖北省武漢での新型コロナウイルス発生を受け、北朝鮮が中国との国境を封鎖したのは今年1月末。対中貿易の激減で北朝鮮の経済は壊滅寸前に追い込まれている。 中朝貿易は6月にも再開すると見込まれていたが、国境封鎖は今も続き、北朝鮮は深刻な物資不足に陥っている。 北朝鮮国内からの情報によれば、封鎖解除の延期を決めたのは北朝鮮側とみられる。中国では最近、遼寧省など東北部で新たな感染者が報告されている。北朝鮮は国境地帯での感染再燃が国内に飛び火するのを警戒したのだろう。 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最近の動きもそうした見方を裏付ける。金委員長が議長を務めた7月2日の政治局拡大会議では、主に新型コロナウイルス対策が話し合われた。金は周辺国で再び感染者が増えている状況から警戒を緩めてはならないと強調、ウイルスの流入を防ぐため今後も半年間は強固な厳戒態勢を維持するよう指示した。北朝鮮当局はコロナ対策を最重要とは言わないまでも、重要な政策課題に据えたとみていい。 だが厳重な防疫措置は、北朝鮮の人々を新型コロナウイルスから守る以上に物資不足で締め上げる結果を招いた。中朝貿易は今年3、4月に前年同期比で9割も減少。北朝鮮経済は目下、史上最悪レベルの苦境に陥っている。 北朝鮮に対する国連の制裁が大幅に拡大された2016年以降、中朝貿易は増加し続け、中国は北朝鮮の対外貿易の95%を占めるまでになった。そのため制裁違反の密輸品は別として、北朝鮮の人々の生活は中国から流入する物品に大きく依存してきた。 しかも、ここ数年で中国は北朝鮮の最大の輸出先にもなった。国連の制裁で北朝鮮が輸出できる品目は大幅に制限されているが、中朝の当局者は制裁回避に知恵を絞り、密接な貿易関係を維持してきた。例えば北朝鮮は制裁対象に含まれない腕時計、かつら、付けまつ毛などを大量に中国に輸出。こうした品目では貿易額はたかが知れているが、それでも北朝鮮は対中輸出で貴重な外貨を確保してきた。 病院に薬の製造を命令 それ以上に重要なのは食料の安定的な確保だ。中国の貿易統計によれば、北朝鮮向けの食料輸出は昨年史上最高を記録した。昨年初め北朝鮮の農業生産が大幅に低下したと伝えられたが、食料品の価格が比較的安定していたのは中国の大量輸出のおかげだろう。 【関連記事】「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金与正への不満吐露 【関連記事】中国で性奴隷にされる脱北女性 ===== 長年、中国の遼寧省や吉林省など国境地帯は中朝貿易の中心地となってきた。2016年の統計では2国間貿易の約60%がこの地域を経由している。コロナ禍前から脆弱だった北朝鮮の経済はこの地域に支えられ、命脈を保ってきた。 国境が封鎖された1月末以降、北朝鮮にはこの地域から生活必需品が入ってこなくなった。調理油、小麦粉、さらにはコメまで不足し、価格の高騰が人々を痛め付けている。 北朝鮮の人権状況を注視する国連のトマス・オヘア・キンタナ特別報告者は、北朝鮮の人々の過酷な暮らしぶりについて何度も言及している。それによれば、一般の人々の間では食料不足が深刻で、1日1食か2食、それも多くの場合はコメの代わりにトウモロコシしか食べられず、それさえ口にできない「飢餓状態」の人も大勢いる。キンタナによれば、人口の4割超が「コロナ禍が起きる前から食料不足にあえぎ、多くの子供が栄養失調や発育不良に苦しむ」状況だった。 ホームレスも全土で増えていると伝えられている。医薬品の価格も大幅に上昇。薬を入手できなくなった慢性疾患の患者が悲鳴を上げている。事態の深刻さを受けて、北朝鮮の保健当局は全土の道、市、郡の病院に独自に医薬品を製造するよう指示を出した。だが原料もなければ機材もなく、いくら当局に命令されても大半の病院には薬など作れない。 国境地帯の経済状況はさらに厳しい。この地域では大半の住民が中国から仕入れた商品をヤミ市場で売って生計を立ててきた。国境封鎖で商売ができなくなり、現金収入を失った人々は金鉱に働きに行ったり、キイチゴを摘んで市場で売ったり、発覚すれば殺されるのを覚悟の上で密輸に手を染めている。 特権階級も食料不足に 地元の情報筋によれば、対中貿易の再開が遠のき、北朝鮮の多くの工場は経営破綻寸前に追い込まれている。咸鏡北道の工場の大半はこの半年間操業を停止していて、今すぐ輸出が再開されなければ、多くの工場がつぶれる可能性があるという。 苦境にあえいでいるのは国境地帯だけでない。北朝鮮の特権階級が暮らす首都・平壌でさえ、国境封鎖の影響をもろに受けている。韓国の北朝鮮専門ニュースサイト・デイリーNKが入手した内部情報によると、平壌市民への食料の配給はここ3カ月間止まったままだ。 北朝鮮当局は1990年代に起きた大飢饉のピーク時にも平壌に住むエリートには食料を配給していたから、今は相当深刻な状況にあるということだ。平壌市民が最後に配給を受けたのは3月で、コメではなく、主にトウモロコシだった。 【関連記事】「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金与正への不満吐露 【関連記事】中国で性奴隷にされる脱北女性 ===== 当面は厳重な鎖国状態が解かれることはなさそうだ。ウイルスの流入を防ぐ「予防的な措置」の一環として、当局は陸、空、海の国境を完全に封鎖していると、北朝鮮メディアは7月7日に報じた。北朝鮮領内に侵入するあらゆる物体は即座に焼却されるか消毒されるという。 防疫措置の強化が指示される以前、北朝鮮当局は自国の商社に非公式の緊急物資の輸入を増やすよう命じていた。その時でさえ、流入する物資は必要量よりもはるかに少なかった。封鎖が強化されれば、緊急物資が国民に行き渡ることはさらに望み薄になる。 今の状況ではいつ国境封鎖が解除されるか見通しは立たない。対中貿易が再開されない限り、密輸がはびこり、北朝鮮の人道的な危機は悪化の一途をたどることになる。 From thediplomat.com <本誌2020年8月4日号掲載> 【関連記事】「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金与正への不満吐露 【関連記事】中国で性奴隷にされる脱北女性 【話題の記事】 ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観 ・アメリカ猛攻──ファーウェイ排除は成功するか? ・「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」