<ジョークとしか思えないフライドチキンの香りつきサンダルが即完売し高値で売買される理由> 7月28日に発売された、ケンタッキー・フライドチキン(KFC)とクロックスのコラボ商品であるチキンの香りつきサンダルは、発売から30分以内に完売した。既にネット上で4倍以上の価格で取引されている。 コラボ商品は28日の米東部時間午後12時に発売され、即完売した。価格は59.99ドルと平均的なクロックスサンダルよりもやや高めだが、ネット上での転売価格に比べれば、それでも割安に思える。 転売されているKFCクロックスの平均価格は1足あたり177ドル。オンライン市場「ストックX」ではなんと253ドルもの値がつけられているものもある。この記事の執筆時点で、ストックXでは全部で171足のKFCクロックスが売られており、その平均価格は元の価格の233.3%。最近売れたKFCクロックスには200ドルの値がついていた。フリマアプリ「ディポップ」上では1足150ドルから390ドルで売られているが、まだ1足も売れてはいないようだ。 ネットオークション大手のイーベイにも数十足が出品されている。いずれも出品価格は100ドル超で、中には240ドル以上の高値で落札されたものもあった。1足1000ドル超で転売しようとしている出品者までいるが、この価格での入札はまだない。 <参考記事>韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に <参考記事>マスクが「必須のアクセサリー」になる時代、NYファッションショーにも登場 コリアブランド「スクート」に通じる魅力 発売後あっという間に完売し、その後何百ドルもの高値で売られていることから、ソーシャルメディア上では、自分用に欲しいと思っていた人々ではなく、ボットや転売業者が買い占めを行ったのだと不満の声が上がっている。 KFCサンダルは限定発売だったため、再販は行われない。KFCとクロックスは28日、商品の完売を受けて次のようなメッセージをツイッターに投稿した。「残念ながらKFC×クロックスのコラボサンダルは売り切れです。でも嬉しいニュースもあります。KFCでは引き続き、本物のチキンバーレルをお買い求めいただけます。本物は身に着けないようお願いします」 KFCとクロックスのコラボサンダルが最初に発表されたのは2月。ニューヨーク・ファッション・ウィークで、ソウル在住のアーティストのMLMA(Me Love Me a Lot)が厚底バージョンを披露した。その後、通常版の発売が決まった。 MLMAとKFCクロックスの厚底バージョンをフィーチャーしたイメージ動画 KFCクロックスには、両足に1つずつ、外見も香りも本物そっくりのフライドチキンのチャームがついている(もちろん食べられない)。ジョーク商品のように思えるかもしれないが、実際に何百ドルも払って手に入れたいと考えている人がいるのは確かだ。MLMAは雑誌「ペーパー」に対して、「クロックスとKFCのコラボレーションは、最先端のファッションだと思う」と語った。 「ほかとは違う、楽しくてクリエイティブなことをしているのだから。私からすると、(多国籍なコリアブランド)スクートと同じ美学がある。ルールも境界もない、できない事なんて何もない、という美学だ。楽しくて、ほかの誰も挑戦しないものは、急速に広まっていく」 【話題の記事】 ・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・がんを発症の4年前に発見する血液検査 ・これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえられる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」 ===== MLMAとKFCクロックスの厚底バージョンをフィーチャーしたイメージ動画