<「自尊心」をキーワードに沖縄の貧困問題に迫った『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』の著者自身が、反響の大きさを受け、本の成り立ちを説明する> 拙著が物議を醸している。沖縄最大のジュンク堂書店那覇店では6週間連続総合ランキング1位(7月末現在)であることをはじめ、全国的にも大いに注目され、出版から1ヶ月もたたないうちに4刷が決まった。手に取ってくださっている多くの方々は、驚き、勇気づけられ、感動し、涙する一方で、激怒し、恨み、絶望する人たちもいる。 そうなることを望んでいたわけではないが、現実にこれほどの注目を集めている以上、筆者としての意図をはっきりと発信した方がいいのではないかと思うようになった。実際この本は、解釈する人によって、全く違った本であるかのように感じられる可能性が高く、「何の本か」という問いは、それほど単純ではない。 だから、『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』(光文社新書)が何の本かを語る上で、まず、「この本がそうでないもの」を説明する必要があると思う。「この本は〇〇の本だ」、と語ることが難しければ、まずは、そうでないものを説明することから始めるしかない。 特定のカテゴリーに入らない本に仕上がった 第一に、この本は特定のカテゴリーに入らない。自分では意識していなかったから、誰かが指摘してくれるまで気づかなかったのだが、確かに、この本のジャンルを特定することは難しい。沖縄地域研究、経済、貧困問題、文化、心理学、幸福論、哲学、スピリチュアリティ、経営、マーケティング、未来学、教育、子育て、自己啓発、社会学、日本研究、エッセイ、ノンフィクション、物語......どれも該当しそうだが、どのカテゴリーでもないとも言える。 そのような本に仕上がった理由にはいくつか思い当たることがある。私自身カテゴリーにまったく関心がないからだ。言い逃れでも何でもなく、私は沖縄の専門家ではないし、貧困の研究者でもない。教室では魂を込めて学生と接し、私の情熱の全てをぶつける努力を続けているが、自分の中では教育者とも違うし、今年でもう9年目になる大学教員という職責にもいまだに実感がない。だから本書は研究者の立場で書いたわけではない。 アカデミズムの世界で、私の論説はどこにも分類されそうにないし、そもそも、私の存在自体が一般的なアカデミズムのルールに沿ってもいない。研究者といえば「専門分野」がありそうなものだが、私は自分が心から関心を持ちたいと思うことにしか関心が持てない質で、「専門分野」という枠組みを背負った瞬間に、その中に、自分自身に対する嘘が混じってしまうような気がするのだ。下手なたとえかもしれないが、アカデミズムの専門分野は、国境のようなものだと思う。一見重大なことのようにも感じられるが(そしてもちろん、その意義は大きいが)、例えば人間、自然、宇宙を考える際には意味をもたなくなる。 事業経営者であることは、私にとって本当に(多分教員であることよりも)大切なことだが、資本主義経済のルールにはほとんど関心がないし、こんなことを言ってはかなりスカしていると思われそうだが、お金そのものにも(今では)ほとんど関心がない。だからと言って、利益が破格に上がらない事業にも関心がない。対価に対して無関心でいることも、自分と自分が関わる人たちを粗末にすることだと思うからだ。 私は、お金について一番大切なことは活かし方(つまり、愛だ)だと思う。愛に向き合い、愛を学び、愛を生きるから、はじめてお金を人間の役に立てることができる。これは、実は、事業者にしかできない仕事だと思う。 そもそも、イノベーションとは、常にノンジャンルではないかとも思う。経営者の本質の一つは、昨日まで世の中に存在しなかったものを、形にすることである。新しい物を生み出すときに、(過去の)専門分野はあまり意味を持たない。 ===== 何が科学か、計測できないからといって真実でないとは言えない 第二に、この本は明らかに論文ではない。新書という体裁で出版しているから誤解されないと思っていたのだが、「樋口の分析は、数量的なデータで実証されていない、非科学である」という指摘が一部では続いているから、その方々の意見(?)に対して、反論という意味ではなく、その背景にある私の意図を明確にしておきたい。 ただ、この話は意外にも大きな問題につながっている。何が科学か、という問いに対する答えは(研究者たちの間でも)それほど明らかではないからだ。 人間に関するあらゆる物事には二種類の真実がある。「人間の外側に存在する真実」と、「内側にある真実」である。それは例えば「脳」と「心」の違いだ。 数量的計測を重んじる、いわゆるハード・サイエンスは、前者、人間の外側で観察できるものだけが科学的真実だという捉え方をしがちだ。その観点で捉えれば、うつ病はセロトニンなどの脳内物質のアンバランスによる化学的な問題である。そして、その問題と原因は、確かに実験室で数量的に計測、観測、証明できる。そして、プロザック(抗うつ剤)を処方して問題を「解決する」。 しかし、この「科学的」アプローチには、決定的に不足していることがある。この姿勢は、「うつ病」に対して関心がある人のものであって、「人間」に関心を払っているものではないからだ。皮肉な言い方だが、(あくまで一般論として)このようなアプローチをとる精神科医は、人間(心)よりも病気(脳)に関心がある人たちである。そして、このアプローチは「科学的」だと言われている。 しかしながら、うつ病が化学物質以上の心の問題であることは、多くの人が直感している通りである。うつ病は単なる症状ではない。苛立ち、落ち込み、絶望などの症状を抱えるに至るまでの、トラウマ、人間関係、嘘、心の暴力など......、その人の人生に影響を及ぼしている一連の体験のすべてが、うつ病に至るまでの物語なのだ。これは、数量的なアプローチが決して踏み込むことができない、人間の内側の真実である。 これは、私の基本的な考え方だが、計測できないからといって、それが真実でないということにはならないし、この世界には、証明できる真実よりも、証明できない真実の方がはるかに多いのだ。証明できないことを事実と認めない姿勢を取ってしまえば、私たちの人生は、真実からはるかに遠ざかることになる。 ===== 一人一人と対話すること、私の解釈が多くの人の心に届くこと さて、問題は、証明不能な真実をいかにして明らかにしていくか、ということなのだが、トランスパーソナル心理学の分野で、世界的に著名なケン・ウィルバーは、この問いに明確に回答している。 もし、私の心の中で何かが起こっているか知りたければ、それがわかる一つのかつ唯一の方法があります。彼(例えば科学者)は、私に話しかけなければならないのです。彼であれ他の誰であれ、私が実際に何を考えているか、尋ね、話しかけ、私とコミュニケーションすることなしに知ることができる方法は他には絶対にないのです。そしてもし私が教えたくなければ、けっして私の個人的思考の実際の細部はわからない。(略)内実は、話しかけることによってのみわかる。言い換えれば、独白(モノローグ)ではなく対話(ダイアローグ)に携わらなければならないわけです。(ケン・ウィルバー『万物の歴史』大野純一訳 p132) 私たちの心の中の真実を明らかにする方法は、たった一つしかない。対話である。つまり、人の関心に対して関心を注ぐことによってのみ明らかになる。 そして、もう一つ重要なことは、対話によってたどりつく真実は、解釈することができるだけだということである。これが、人間の内側の真実に対する唯一の科学的姿勢である(ちなみにこれは、私の意見ではなく、著名な発達心理学者たちの見解である)。ここまで真実の追求範囲を広げた分野の一つが、たとえば深層心理学である(だから、ハード・サイエンティストは、この分野を「非科学的」だと考える)。 そこには、当然ながら、良い解釈と悪い解釈がある。ランダムな解釈が真実であるはずがない。そして、その解釈が真実を表現しているかどうか、その根拠は何か、という問いへの答え(のひとつ)が共感なのだ。 「子供の成長にとって、最も好ましい環境は、自分を愛する母親に育てられること」、心理科学者のエーリッヒ・フロムは語るが、この「解釈」を数量的に証明することはできない(統計を使う手法はある程度有効だが、あくまで間接的な状況証拠に過ぎない)。しかし、私たちの多くが、この言葉に触れて、真実だと実感・共感するのだ。......沖縄方言でいう「ウチアタイ」である。 心理学者のブレネー・ブラウンは、人間にとって決定的に大切なことが、自分を愛することだという。彼女の分析は膨大な対話に裏付けられていて、ある意味数量的に表現することも可能だが、やはり、彼女の言葉が重みを持つのは、その言葉に共感する無数の人たちが現実に存在するからだ。 私が大切にしていることが、膨大な時間をかけて一人一人と対話すること、私の解釈が多くの人の心に届いている(共感)こと、である理由はここにある。人間の心の中の真実は、一人一人の人間の関心の中にある。どのみち、この方法によってしか、知ることができないものなのだ。 ===== 最も近い人間関係にある無関心が、多くの人の自尊心を傷つける原因 私が言うのも少し憚られるが、実際、本書に(心から)共感する人の数は本当に、本当に、多い。彼らの心の真実を無視することは簡単だが、だからといって、そこに真実が存在しないということにはならない。多くの人が共感しているという事実は、これまで彼らが自分の心の真実を言葉にすることができずに苦しんできたということでもある。 実際、沖縄社会は(そして日本社会は)、多くの人の心の中の真実に関心を注がない社会だ(無意識だ)。自分が気がつかなかった、自分の心の中の真実が言語化されて届けられることは、自分の心が誰かとつながる感覚に等しい。そのとき、人は、孤独から癒されるのだ。本書が多くの人の心に届いているのは、そういう理由だと思う。決してマーケティングや扇情的なコピーによるものではない。 だから、これも明らかなことだが、この時点で、本書に述べられている私の視点は、すでに私個人の意見を超えているのだ。「私の周りには、樋口が言うような沖縄は存在しない」という意見があることは承知している。それはそれぞれの人たちの主観的事実だと思うが、それは同時に、沖縄で(日本で)、自分を生きられずに苦しんでいる多くの人たちの関心に関心を持たないでいることを、自ら証明しているような気がする。 実際、私が対話してきた無数のウチナーンチュ(そして日本人)は、自分の親友や家族にすら(あるいは、だからこそ)、自分の本心を言えずに苦しんでいる。私の論点は、まさにそのような、最も近い人間関係にある(無意識の)無関心が、多くのウチナーンチュ自身の(そして日本人の)自尊心を傷つける原因であり、貧困を生み出している遠因になっているというものだ。 したがって、この問いに対する私の答えはこうだ。本書は論文ではない。そして、ハード・サイエンスではない、しかし対話と共感によって、真実を科学的に表現している(と私は考えている)。 よく書かれた物語には、データでたどり着けない真実を表現する力があるはず とはいえ、本書を「科学だ」と捉えることに賛成しない人がたくさん存在することも承知している。だから、(たとえ私が心の中でそう思っていたとしても)その意見に反論するのもやめようと思う。上記と真逆のことを言うようだが、したがって、第三に、本書は科学ではない。 実際、本書の論考において、因果関係の一部は数量的に実証されていない。例えば、自尊心の低さが所得の低さと「相関がある」とまでは言えたとしても、自尊心の低さが所得の低さの原因であることを実証することは難しいし(厳密には多分不可能だ)、個人差も相当大きいはずだ。 そもそも、自尊心をどのように計測するかということも、突き詰めていけば、間接的な状況証拠(テストなど)に頼ることができる、というくらいがせいぜいだ。心理学の論文で提示される「客観的データ」とは、所詮状況証拠を数量化したものに過ぎない。ケン・ウィルバーが言う通り、心の中の真実は、そもそも数量的に実証できないからだ。 だから、本書の本質は、ひとつの視点でウチナーンチュと沖縄社会を(そして日本を)説明する「物語」というべきかもしれない。よく書かれた物語には、データをどれだけ積み上げてもたどり着けない、真実を表現する力がある。だから、人々は長い間、社会の本質や人生の知恵を物語によって伝えてきた。データは時代と価値観によって変化するが、本質的な物語は普遍性を帯びることがあると思うのだ。 そして当然ながら、私の「物語」が沖縄のすべてに当てはまるなどと言うことはない。しかし、その「物語」によって癒される人がいる、それもかなりの人数が存在する、と言うことがはっきりしている限り、本書に一定の価値が存在すると思うのだ。 『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』 樋口耕太郎 著 光文社新書 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) [筆者] 樋口耕太郎(ひぐち・こうたろう) 1965年生まれ、岩手県盛岡市出身。'89年、筑波大学比較文化学類卒業、野村證券入社。'93年、米国野村證券。'97年、ニューヨーク大学経営学修士課程修了。2001年、不動産トレーディング会社レーサムリサーチへ移籍し金融事業を統括。'04年、沖縄のサンマリーナホテルを取得し、愛を経営理念とする独特の手法で再生。'06年、事業再生を専業とするトリニティ設立、代表取締役社長(現任)。'12年、沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科准教授(現任)。内閣府・沖縄県主催「金融人材育成講座」講師。沖縄経済同友会常任幹事。本書が初の著書。