去る7月29日、Apple(アップル)のティム・クックCEOは米国政府の独禁法公聴会に召喚され、iOS独自のスクリーンタイム管理機能の追加と同時に、サードパーティによるスクリーンタイムアプリをストアで公開停止したことに対する追求を受け、ライバルアプリに対する処分をプライバシ保護のためであると弁明しました。とりあえずは難を逃れた、とクックは一息ついたかも知れませんが、その翌日には暗号化メッセージング