<就任前には「8年間で債務を消し去る」と豪語したが、実際には膨らむ一方> 新型コロナウイルスが招いた経済危機への対応がまだまだ必要になりそうなアメリカだが、トランプ大統領が就任して以降、政府債務が大幅に膨らんでいる。 トランプは就任前に「今後8年間で」債務を消し去るとしていたのに、就任時の2017年1月に19兆9000億ドルだった連邦政府の債務残高は現在、6兆6000億ドル増えて26兆5000億ドルに。現在も大型のコロナ対策のため、国債発行が急増中だ。 既に財政出動は3兆ドルを突破しており、今年度の財政赤字額は過去最大の3兆7000億ドルに上る見通し。 追加の経済支援策が成立すればその額はさらに増えることになる。 6兆6000億ドル (↑トランプの就任後に増えた米連邦政府債務) 3兆ドル (↑新型コロナ関連の財政出動) 26兆5000億ドル (↑現在の連邦政府債務残高) <本誌2020年8月11/18日号掲載> 【関連記事】2度目のロックダウンで米企業10兆ドルの「債務爆弾」が破裂する 【関連記事】トランプがすがる大統領選延期説 バー司法長官は「法的に可能か検討したこともない」 【話題の記事】 ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観 ・アメリカ猛攻──ファーウェイ排除は成功するか? ・大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 ※画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか