キヤノンが、7月後半からランサムウェア「MAZE」の被害に遭い、10TBに及ぶデータが人質になっていたと公表しました。狙われたドメインには無料フォトストレージ「image.canon」が含まれていたとのこと。一部の画像と動画が消失してしまったようです。