東京都は8日、都内で新たに429人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 400人を超えるのは昨日に続き2日連続。200人を超えるのは12日連続、100人を超えるのはこれで30日連続となる。 この日の陽性者のうち、20代と30代は合わせて274人で約64%を占めている。また感染経路が不明な人は273人で全体の64%にのぼっている。 これで都内で確認された陽性者の合計は15536人と1万5000人を突破。7月10日以降に確認された陽性者が全体の半数を占め、感染拡大がここにきて進んでいることを示している。 東京都では4月17日に206人の感染確認をピークに、徐々に新規陽性者が減り続け、5月23日には新規陽性者が2人まで減少。感染拡大の抑え込みに成功したかに見えたが、その後、新規陽性者が増加。7月に入ってからは連日100人以上の感染拡大が続いている。感染者が2人と最少だった5月23日以降の累計では10405人となり、1万人を突破した。 政府分科会、感染状況を4つのステージに分類 こうした状態を受け、政府は7日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、感染状況を4つの段階に分類し、そのうえで、各地域がどの感染状況にあたるのかを判断するため6つの指標を決めた。 【感染状況:4つのステージ】 ・ステージ1:「感染者の散発的発生」 ・ステージ2:「感染者の漸増」 ・ステージ3:「感染者の急増」 ・ステージ4:「爆発的な感染拡大」 【感染状況:6つの指標】 ・「病床のひっ迫具合」 ・「療養者数」 ・「PCR検査の陽性率」 ・「新規感染者数」 ・「直近1週間と前週の感染者数の比較」 ・「感染経路が不明な人の割合」 分科会の尾身茂会長は「ステージ4になると緊急事態宣言を発出することになる」との考えを示す一方、「感染状況の判断は、最終的には都道府県が自主的に知事のリーダーシップで行うべき」と語り、各地域の実情に合わせてきめ細かい対応が必要だという認識を示した。 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果 入院患者数 感染者の現在の状況 *チャーター機帰国者、クルーズ船乗客等は含まれていない*「重症」は、集中治療室(ICU)等での管理又は人工呼吸器管理が必要な患者数を計上*退院者数の把握には一定の期間を要しており、確認次第数値を更新している 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見 ・韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に   ※画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか