米大統領選まで100日を切る中、賭けサイトは野党民主党の候補指名が確定したジョー・バイデン副大統領の勝利を見込んでいる。しかし、ここ1週間で再選を目指すトランプ大統領との勝率の差は縮小したという。 英ブックメーカー(賭け屋)大手ラドブロークス・コーラル・グループは、バイデン氏勝利の確率を61%、トランプ氏を36%と織り込む。ニュージーランドに拠点を置くプレディクトイットによる勝率はバイデン氏が59%、トランプ氏が43%。 プレディクトイットの幹部は「新型コロナウイルスへの対応を追い風にバイデン氏が6月1日以降リードを維持しているが、ここ1週間で差は縮まりつつある」と指摘。「大統領選まで約3カ月あることから、バイデン氏が地滑り的勝利を収める確率は30─40%と予想する」と述べた。 注目されている民主党の副大統領候補については、現時点でカマラ・ハリス上院議員とスーザン・ライス元大統領補佐官が最有力候補とみられているが、賭けサイトではここ数カ月、ハリス氏が勝率でリードしているという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢のシナリオ」 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?   ※画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか