終戦直前、米国は広島、長崎に続く原子爆弾の投下準備を着々と進めていました。東京が標的になる可能性も高まっていました。