<『Xと云う患者 龍之介幻想』『TOKYO YEAR ZERO』などで知られ、日本との縁も深いイギリスの作家デービッド・ピース。欧米と異なる中国文学・日本文学の伝統から、彼自身の読書の「経験則」まで、自らを作った5冊の紹介と絡めて語った。本誌「人生を変えた55冊」特集より> 大きな影響を受けた記憶がある最初の本といえば、ロアルド・ダールの『すばらしき父さん狐』だ。今から思えば興味深いことに、読んですぐに自分なりのバージョンの物語を作りたいと感じた。7歳か8歳だった私は完全なパクリ作品を書き、セロテープで表紙を付けて本にした。 『すばらしき父さん狐』 ロアルド・ダール[著] 邦訳/評論社 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) 私にとって「私を作った本」とはこれまでずっと、夢中で読んだだけでなく、書きたいと思わせてくれた作品だ。その始まりがこの物語だった。 作家として大きな影響を受けたのは芥川龍之介の短編小説だ。1994年に来日後、新宿の紀伊國屋書店で「羅生門」を含む英訳版の短編集を見つけた。帰宅途中の電車で「藪の中」を読んだことを覚えている。犯罪事件を複数の視点から語り、真相についての判断は読者に任せる──こんなすごい作品には出合ったことがなかった。 『羅生門』 芥川龍之介[著] 新潮社ほか (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) 芥川の人生をテーマにした自著『Xと云う患者 龍之介幻想』(邦訳・文藝春秋)の取材中、彼の子供時代の中心にあったのは本と読書だったこと、伯母が読み聞かせをしていたことを知った。中国と日本の古典や伝説だ。芥川はそうした物語を取り上げて語り直した(「羅生門」も「藪の中」もそうだ)。 欧米には一般的に、個性や独創性に対する過剰なまでのこだわりがある。だが既存の物語を伝え、語り直す中国文学や日本文学の伝統は素晴らしいと思う。世界文学の中で芥川はあまりに過小評価されている。しかし私の著作やその構成は間違いなく、彼の作品に影響されている。 50年代後半から60年代前半の怒れる若者たち世代の作家にも刺激された。そのうち何人かは私と同じく、イングランド北部ウェスト・ヨークシャーの出身だった。 私の著書『ダムド・ユナイテッド』は、その1人であるデービッド・ストーリーの小説『ディス・スポーティング・ライフ』(邦訳なし)へのオマージュだ。彼は炭鉱労働者の家庭で育ち、プロのラグビー選手だった。その一方でロンドンの美術学校で学び、本を書いたのだから素晴らしい。 最も好きな小説を選ぶのはいつでも難しい課題だが、どうしてもと言われたら、ミハイル・ブルガーコフの『巨匠とマルガリータ』を挙げる。コミカルで悲劇的で、詩的で、極めて倫理的。想像力が生み出した圧倒的な作品だ。 『巨匠とマルガリータ』 ミハイル・ブルガーコフ[著] 邦訳/岩波書店 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) 【関連記事】東野圭吾や村上春樹だけじゃない、中国人が好きな日本の本 ===== 背景を知れば、すごさはさらに増す。ブルガーコフはスターリン支配下の検閲制度に苦しめられ、病気と貧困に苦しんだ。本書の執筆に十数年を費やしたが、生前に出版されることはなかった。私にとっては、小説の可能性を最大限に見せつけられた作品だ。 昨今のロックダウン(都市封鎖)に「プラス面」があるとすれば、お薦め本の情報があふれ、人々が以前よりはるかに読書をしていることだ。とはいえ自分が好きな小説を挙げるのはともかく、作品を具体的に推薦することに私は慎重になっている。 むしろ推薦したいのは、私自身の読書の「経験則」。つまり2冊に1冊は自分とは共通点のない人物の著作を読み、小説を通じて他人の体験を学ぼうとすることだ。50代の白人男性でヨークシャー生まれの私なら、中国出身の小説家アイリーン・チャンの作品を読むこと。『ラスト、コーション』など、彼女の短編小説にすっかり魅了されている。 ロックダウン以前から私たちは既に人と交わらず、それぞれの空間に閉じ籠もっていた。そして今や物理的にも隔たっている。別の国や人種、異なる性別やセクシャリティーの作家の著書を読むことは共感を養う道だ。 (構成・コリン・ジョイス) <2020年8月11日/18日号「人生を変えた55冊」特集より> 【関連記事】 ・大ヒット中国SF『三体』を生んだ劉慈欣「私の人生を変えた5冊の本」 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・NEWS・加藤シゲアキが愛する『ライ麦畑』と希望をもらった『火花』 ・日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある ※画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか